ルーター全般(法人向け)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

●●●●● 法人向け ●●●●●
□フリースポット関連 FS-600DHP
 ・上位にルーターがあっても、ブリッジモードにはせずに、ルーターモードで「DHCPサーバーからIPアドレスを取得」する。
  そのとき、DHCPサーバー機能は有効にしないといけないのか? → デフォルトのまま(有効)でよい。
 ・システム構成の提案ができるように。
 ・ゲートウェイ機能=「有線LAN上オーナー機器」でMACアドレスを登録している端末のみが、
      有線で設定画面にアクセスできるようにする機能
 ・ゲートウェイ機能は、本製品のLAN端子に接続した端末に対し て、メール認証やポップアップテクノロジー機能などを有効にする機能です。   ゲートウェイ機能が有効の場合でも、「有線LAN上オーナー機器」「有線LAN上公開機器」に登録されてい る端末に対しては、
  「メール認証機能」、「ポップアップテクノロジー機能」「i-フィルター機能」は動作し ません。
 ・「拡張アシスト機能」
    「拡張アシスト機能」とは、FREESPOTサービスエリアを手軽に拡張できる機能です。 追加購入した本製品をブリッジモードに設定し、有線で接続するだけで、すでに設置済みのFREESPOTから設定内容を引き継ぎ、FREESPOTのサービスエリアを拡張することができます。
□tagVLAN 理解
 BS-GSスイッチの設定事例集を参照。  トランクポートとアクセスポート
 Taggedポート : VLANタグを付与して、送信するポート
       → 複数のSWを接続するポートに使用
 Untaggedポート : VLANタグを除去して、送信するポート
      → PCやルーターなどを接続するポートに使用
 NotMemberedポート : VLANのメンバーでないポート
 PVIDについて
  タグなしのパケットを受信したときに
     どのVLANに送信するかをPVIDによって判断する。
      ( = PVIDのVLANから来たと判断する )
□VLANの事例をstudy
□L2スイッチ( BS-GS2048P、2024P、2016P、2008P )
 PCから、設定画面を設定する。
 設定画面は、ビジネススイッチ設定ツール(AS設定ツールと同じ)から表示する。
 設定画面はユーザーズマニュアルに説明あり。
□L3スイッチは、現在、販売終了。販売予定もなし。
□RIP(Routing Information Protocol)
 経由するルーターの数(ホップ数)を比較して、最適なパスを選出するルーティングプロトコル
□LLDP
□無線LANシステム集中管理ソフト WLS-ADT
 □SNMP
  マネージャとエージェント、MIB(ミブManagement Information Base)
 電波環境見える化機能
□IPsec対応 VPNルーター VR-S1000
 DHCP回線かPPPoE(ISP情報)を設定で初期設定完了(192.168.12.1)。
 拠点間通信などは、その後、VPNウィザードにそって設定すればいい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です