NEC Aterm WX11000T12(IPv6接続、Wi-Fi6E、WPA3、メッシュ中継、10Gbpsに対応)の設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IPv6接続、Wi-Fi 6E(IEEE802.11ax)とWPA3とメッシュ中継と10Gbps(WANポート)とに対応するNEC AtermのトライバンドWi-Fiルーター「WX11000T12」。無線ルーター(親機)として設定する方法、中継機として設定する方法を説明。

WX11000T12の特徴

  • Wi-Fi 6Eに対応 (6GHz帯が追加されて、3つの周波数帯を利用可能)
    • SSID初期値で「メッシュWi-Fi機能」と「バンドステアリング」が有効なため、2.4GHz帯 / 5GHz帯 / 6GHz帯のプライマリSSIDとセカンダリSSIDは、それぞれ同じ名称になっている
        • プライマリSSIDは『aterm-xxxxxx-5p』(2.4GHz帯 / 5GHz帯 / 6GHz帯)
        • セカンダリSSIDは『aterm-xxxxxx-5s』(2.4GHz帯 / 5GHz帯 / 6GHz帯)
    • 「メッシュWi-Fi機能」と「バンドステアリング」を無効にすると、2.4GHz帯 / 5GHz帯 / 6GHz帯で別の名称に変更可能
      • プライマリSSIDの名称
          • 2.4GHz帯は『aterm-xxxxxx-2p
          • 5GHz帯は『aterm-xxxxxx-5p
          • 6GHz帯は『aterm-xxxxxx-6p
      • セカンダリSSIDの名称は、
          • 2.4GHz帯は『aterm-xxxxxx-2s
          • 5GHz帯は『aterm-xxxxxx-5s
          • 6GHz帯は『aterm-xxxxxx-6s
  • 中継機能、メッシュ中継機能に対応
  •  

メディア情報

WX11000T12 の設定方法

WX11000T12 を親機として設定

WX11000T12 を中継機、メッシュ中継機として設定

NEC Aterm 無線ルーターのメッシュ中継機能とは何か、対応機種と設定方法

WX11000T12のファームウェア更新

無線ルーター(親機)としての設定方法

NEC Aterm 無線ルーターの設定方法、つながらない対策(IPv4接続、IPv6接続、中継機能)

NEC Aterm 無線ルーターのMACアドレスフィルタリング(MACアクセス制限)の設定方法

NEC Aterm 無線ルーターのポート開放(ポートマッピング、ポート変換、仮想サーバー)の設定方法

NEC Aterm WX7800T8(IPv6接続、Wi-Fi6E、WPA3、メッシュ中継、1Gbpsに対応)の設定方法

他社のWi-Fi6E対応の機種

WNR-5400XE6、WNR-5400XE6/2S(IPv6接続、Wi-Fi6E、WPA3、EasyMesh、2.5Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。