バッファローの無線ルーターの初期設定は、無線引っ越し機能を使用せず新規設置編で設定するのが良い

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

無線引っ越し機能(無線引越し機能)で、旧ルーターから新ルーターにコピーされるのは、旧SSIDと旧パスワードのみ。無線引っ越し機能では、プロバイダ情報はコピーされないので、無線引っ越し機能(無線引越し機能)が成功しても、プロバイダ情報の設定は必要。それなら、最初から新規設置編(新規設置する方へ、(B)新規に設置する場合)で設定するのが良い。

「無線引っ越し機能を実行中のため、設定変更できません。 無線引っ越し機能を完了してから、もう一度設定を行ってください。」が表示されたら、ルーター(AS)の電源をOFFして、10秒後に電源ONします。すると、通常の状態に戻ります。

無線引っ越し機能について

  • 無線引っ越し機能で、旧ルーターから新ルーターにコピーされるのは、旧SSIDと旧パスワードのみ。
  • 無線引っ越し機能では、プロバイダ情報はコピーされない
    • 無線引っ越し機能で、旧SSIDと旧パスワードのコピーがうまくいったとしても、新ルーターには必ずプロバイダ情報を設定する必要がある。
  • 無線引っ越し機能には、メリットもあるが、デメリットもある

無線引っ越し機能の設定を1回か2回試してみて、うまく行かなかったら、すぐにやめよう

新ルーターをRESETしてから、「新規設置編」をみて、初期設定しよう

「新規設置編」で設定すると、設定も簡単で、通信スピードも速くなる可能性が高い

  • 「新規設置編」で設定することを強くお奨めします。
    • まず、新ルーターをRESETしてから、(RESETしないと、設定に失敗する確率が上がります)
    • 「新規設置編」で設定
    • たとえ無線引っ越し機能が成功したとしても、あとでトラブルが起こった場合、新ルーターをRESETする場合がある。その時には旧ルーターのSSIDは消えてしまう。そこでつながらないと騒ぐよりも、最初から新しいSSIDだけを使う方が良い。

無線ルーターの具体的な設定方法は、以下

 

参考)無線引っ越し機能の設定手順

参考)iPhone や iPad 関連の情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。