PoEとは。PoE動作確認済機器(バッファロー)一覧

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

PoE(Power over Ethernet)とは何か。PoEの規格について。バッファロー製のPoEでの動作確認済機器の一覧を記述。

PoE(Power over Ethernet ピーオーイー)とは何か。

例えば、ネットワークカメラ(防犯カメラや監視カメラなどに利用)は、その設置場所が天井や屋外という場合が多い。その場合、設置で問題になるのが電源の確保です。天井や屋外はコンセントがなかったりコンセントの設置が難しい。そこで有効なのがPoEです。

PoEとは、電源供給をLANケーブルで行う技術です。データだけでなく電源もLANケーブルで供給するわけです(データ通信に使用しない線で電力供給する)。コンセントも要らず、電源コードも不要で配線数も少なくて楽です。

LANケーブルで、データと電源とを供給する機器は、バッファローでは、インジェクターとスイッチがあります。

参考)

 

PoEの規格について

  • 電力を供給するには、LANケーブルはカテゴリ5e以上が無難
  • バッファローのインジェクターには、3つの規格に準拠する製品がある
    • PoE(IEEE802.3af 準拠) : カテゴリ3 以上のLANケーブルが必要
    • PoE+(IEEE802.3at 準拠) : カテゴリ5e 以上のLANケーブルが必要
    • 独自ハイパワー : カテゴリ5e 以上のLANケーブルが必要
      • 独自ハイパワーとPoE、PoE+ との互換性などは不明
  • バッファローのインジェクターの準拠規格
インジェクター PoE準拠
(af 準拠)
PoE+準拠
(at 準拠)
独自
ハイパワー
備考
BIJ-POE-4P/HG Giga対応
BIJ-POE-1P/HG Giga対応
BIJ-POE-1P/G Giga対応
BIJ-POE-4PR 100M対応
BIJ-POE-1PR 100M対応

バッファロー PoE動作確認済機器一覧

その他)

給電機器(PSE)と受電機器(PD)との組み合わせ

  • 受電機器(PD)側の規格がIEEE802.3atの時は注意が必要
受電機器(PD)
IEEE802.3af IEEE802.3at
給電機器(PSE) IEEE802.3af (注意)
IEEE802.3at

注意)給電機器側の規格がIEEE802.3afで、受電機器側の規格がIEEE802.3atの場合は注意。

  • 給電機器(PSE)に、通常のPCやハブなどを接続しても大丈夫か(壊れることはないか)?
    • 接続しても大丈夫
      • 給電機器側が、自動で判断して、給電するかしないかを決定するから。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です