中継機の選び方、買い方(バッファロー)WEX-1166DHP

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

中継機は WEX-1166DHP がお薦め(機能のバランスが良い)

WEX-1166DHP を推奨する理由

  1. 親機が、バッファロー以外の製品であっても使用できる(親機の設定変更が不要)
  2. 最新の認証方式、暗号化方式をサポートしている
  3. 中継機として、十分なスピードがある(866+300Mbps)
  4. LANポートが付いている(無線機能のないPC や TV や オーディオを接続できる)
  5. 外部アンテナが付いている(通信品質が良い)
  6. 電源コンセントに直接挿すことが可能(立てて使うことも可能)
  7. 親機ルーターが古い機種でも、つながる(AESもTKIPもサポートしている)

中継機(バッファロー)を選ぶ基準は3つ

  1. 親機ルーターが古いと、親機や端末の設定を変更する必要が出てくるので設定が面倒。
    • 古い親機がAOSS接続されていると、古い暗号化方式の場合がある。
      • 古い親機ルーターの例)WHR-HP-***、 WZR-HP-*** など
  2. 無線機能のないPCやTVを接続できるLANポートが必要かどうか。
  3. 親機と同じくらいの速度のものを選ぶ(オーバースペックのものは買わない)

 選ぶ基準の理由

  1. 親機が古いルーターの場合には、WEX-733Dを買ってはいけない(設定が面倒)。
  2. 無線機能がないPCやTVなどを、中継機にLANケーブルで接続する場合、WEX-733DHPを買ってはいけない(LANポートがない)。
  3.  親機のスピードよりも、スピードが速くなることはない。
    • 最終的なスピードは、親機のスピードに制限される。

中継機の比較表(バッファローの公式比較表)

その他の特殊事情(注意する点)

  • WSR-2533DHPについて
    • 親機がWSR-2533DHPの場合には、中継機はWSR-2533DHPにしてはダメ(不具合が多い)
  • WEX-1166DHPS
    • 外部アンテナがないので、送受信の能力はWEX-1166DHPより劣る(値段の差は、これ)。
    • その他は、WEX-1166DHPとほぼ同じ。
  • WEX-733Dについて
    • 親機が古いルーターである場合には、買わないこと(設定が複雑になる可能性がある)
  • WEX-733DHPについて
    • LANポートがない(無線機能のないPCやTVやオーディオを接続できない)
  • WEX-G300について
    • スピードが遅くなる(親機との通信、端末との通信とを同じ帯域で行なうため)

参考)

  • セットアップ用SSID(!Setup-A-xxxx、!SetupーG-xxxx)を出す能力をもつ中継機(WEX-1166DHP、WEX-1166DHPS、WEX-733DHP)は、DHCPサーバー機能を持つ。
    • 中継機に無線接続した端末には、IPアドレスが降られる。(192.168.11.211など)
  • 実は、WEX-733Dもセットアップ用SSID(Buffalo-A-xxxx、Buffalo-G-xxxx)を持つ。

Amazonで購入するなら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です