NTTのIPv6接続対応のホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター)の型番(バッファロー無線ルーター設定)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

NTTのIPv6接続対応のホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター)がIPv6接続に対応しているかどうか、の見分け方。基本的には、型番で判断。ランプ状態(ランプの意味がわかるリンクあり)では判別不可能。バッファローの無線ルーターの設定時に有効な情報。

IPv6接続に対応している、NTTのホームゲートウェイ

バッファロールーターの初期設定時の注意

IPv6接続の場合

  • バッファローの無線ルーター(AS)の設定画面を参照して、ASの物理SWの位置を決めること
  • 参考)ホームゲートウェイのランプ「初期状態」の状態にかかわらず(点灯でも消灯でも)、IPv6ルーターである場合がある

IPv4接続の場合、以下のリンクを参照

型番の意味

  • 先頭の2文字(PR、RT、RV、RS、RX)は、機器の種別
    • 『PR』:ONU一体型、『RT』:ルーター単体型、『RV』:VDSL対応型、『RS』:小型ONU対応型、『RX』:小型ONU/RJ-45両対応型
    • 『XG』
  • 末尾の2文字(KI、MI、NE)は、メーカーの種別
    • 沖電気工業(KI)、三菱電機(MI)、NECプラットフォームズ(NE)

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。