IPv6接続方式とプロバイダ(サービス名)との関係(バッファローは、IPoEのみ)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IPv6接続方式とプロバイダ(サービス名)の関係を説明。サービス名(v6プラス、IPv6オプション、IPv6オプションライト、transix(DS-Lite)、OCNバーチャルコネクト、クロスパス、v6コネクト等)と IPv6接続方式(ネイティブ方式 IPoE、トンネリング方式 IPv4 over IPv6、MAP-E、DS-Lite)の関係を表にまとめた。バッファローの無線LANルーターはIPv6 IPoE方式のみに対応(IPv6 PPPoE方式には対応していない)。

サービス名とIPv6接続方式の関係

 

 IPv6接続方式

サービス名 \

ネイティブ方式
(IPv6 IPoE
(注1)
トンネリング方式(IPv4 over IPv6 備考
MAP-E
(NATは家庭のルーターで行う)
ポート開放:可能
DS-Lite
(NATはプロバイダで行う)
ポート開放:不可
v6プラス JPNEの設備を使用
IPv6オプション v6プラスと技術的に同じ(BIGLOBEの設備を使用)
IPv6オプション
ライト
IPv4はPPPoEで接続(従来通り)
OCNバーチャル
コネクト
 
transix
(DS-Lite)
 
クロスパス 楽天ひかりIPv6
v6コネクト 朝日ネット
(IPv4(固定IPアドレス)の場合は、RFC 2473準拠のIPIP)

(注1)バッファローの無線ルーターは、「ネイティブ方式(IPv6 IPoE)」にのみ対応。「トンネル方式(IPv6 PPPoE)」には対応していない。

どのサービスを、どのプロバイダーが提供しているか確認

参考)

参考)IPv6接続の設定方法(バッファロー無線LANルーター)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。