ビームフォーミング(EX)とは何か、その効果と設定方法(バッファロー、エレコム、NEC、IODATAの無線ルーター)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

無線ルーターのビームフォーミング、ビームフォーミングEXとは何か、設定方法を説明。無線LANのビームフォーミングでは、利用可能なエリアが従来より3~4割程度広がる効果がある。

ビームフォーミング(beamforming)

ビームフォーミング機能とは

  • ビームフォーミング(beamforming)機能とは、機器にめがけて集中的に電波を送信する機能。
    機器の位置や距離を判別し、電波を適切に届けることが可能。

    • 電波を強くする原理、仕組み
      • アンテナから送信される電波には、電力や位相といった要素がある。電波は全方向に送信される。
      • 送信された2つの電波の位相が逆だ(180度ずれている)と、重なった電波は弱くなる。
      • 送信された2つの電波の位相が同じだと、重なった電波は強くなる。
      • 従って、アンテナから送信される電波の位相を調整すると、特定の地点に強い電波を送ることができる。
    •  以下の説明が分かりやすいです。
    • MU-MIMOとの関係
      • ビームフォーミング機能を使うには、複数のアンテナが必要。
      • 従って、ビームフォーミング機能を使用するには、MU-MIMOも必須
    • 無線LANで採用された経緯
      • 2003年に標準化されたIEEE802.11n(Wi-Fi4)から、ビームフォーミングはオプション
      • IEEE802.11ax(Wi-Fi6)とIEEE802.11ac(Wi-Fi5)では標準で対応
  • メリットは
    • 高速、かつ遠くまで電波が届く
    • 端末の接続台数が増えても、通信速度が落ちない
    • 特定の端末に対して、電波を強くすることができる
  • デメリットは
    • 環境によっては、通信が途切れたり不安定になる場合がある
    • 親機であるルーターにビームフォーミング機能が搭載されていることが必須条件。
      • かつ、それに加えて、子機(スマホやPCなど)側も、ビームフォーミングに対応した端末であることが必要
        (最近のiPhoneやAndoridnoスマホは、ほぼ対応していると考えてよい、2021年5月現在)

バッファローのビームフォーミング

  • ビームフォーミングEX(バッファロー)
    • ビームフォーミング機能を備えた親機であれば、ビームフォーミング非対応の端末であっても、ビームフォーミングが利用可能
  • ビームフォーミングの設定方法(ページ8/161)
    • ビームフォーミングは、常に有効に設定されていて、無効にできない。
    • ビームフォーミングEXは、工場出荷時は有効に設定。
      • 変更する場合には、[詳細設定][無線設定][2.4GHz / 5GHz]の拡張設定
        • 「ビームフォーミングEX」の「使用する」のチェックON/OFF

エレコムのビームフォーミング

  • ビームフォーミングZ(エレコム)
    • ビームフォーミング機能を備えた親機であれば、ビームフォーミング非対応の端末であっても、ビームフォーミングが利用可能

NEC Atermのビームフォーミング関連情報

IODATAのビームフォーミング関連情報

参考)

 

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。