WXR-5950AX12(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、10Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IPv6接続、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)と10GBASE-TとWPA3に対応するバッファローのWi-Fiルーター「WXR-5950AX12」「WXR-5950AX12R」。無線ルーター(親機)として設定する方法、中継機として設定する方法を説明。SSID(2.4GHz)SSID(5GHz)ともに、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応している。ファームウェアは最新(Ver.3.05以降)にしよう。

WXR-5950AX12の設定方法

WPA3(Wi-Fiの新しい暗号化設定)での接続

  • 端末やOSによっては、WPA3で接続できない。その場合は、WPA2で接続する。
    • iPhone11以降は、WPA3に対応。
    •  WPA2用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID
      • (例:Buffalo-A-XXXX、Buffalo-G-XXXX)
    • WPA3用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID末尾に「-WPA3」を加えたもの
      • (例:Buffalo-A-XXXX-WPA3、Buffalo-G-XXXX-WPA3)
  • 参考)「WPA3で接続する方法」(ページ15/218)

Easy Meshでの接続手順(ファームウェア更新で対応予定)

  • WXR-5950AX12は、ファームウェア更新でEasyMeshに対応予定(2021年8月)。2021年7月8日現在で未対応。

WXR-5950AX12のファームウェア更新

Ver.3.05[2020/10/15]【不具合修正】
・v6プラス/IPv6オプションをご利用の場合に、Nintendo Switch(R)の「あつまれ どうぶつの森」で、
 インターネットを利用して「お出かけ」ができないことがある問題を修正しました。
・本商品を中継機としてお使いの場合に、親機と接続または通信できなくなることがある問題を修正しました。
・DS-Lite方式の回線(「transix」、「クロスパス」、「その他のDS-Lite」)をご利用の場合に、
 インターネットが切断されても、再接続できなくなることがある問題を修正しました。
・2.4GHzまたは5GHzのどちらか片方のみを有効にして無線接続している場合、
 ゲストポートのSSIDが表示されない(ゲストポートに接続できない)ことがある問題を修正しました。
・動画や音声を含む通信を複数同時に行っている場合に、本商品が再起動してしまうことがある問題を修正しました。
・お使いの環境によっては、本商品が再起動してしまうことがある問題を修正しました。
・本商品が気象レーダーなどを感知したときに、自動的にほかの無線チャンネルへ変更する機能が動作した後、
 無線機能が停止し無線通信できなくなることがある問題を修正しました。
Ver.3.04[2020/06/30] 【機能追加】

アルテリア・ネットワークス株式会社のインターネット接続サービス「クロスパス」に対応しました。
Ver.3.03[2019/12/24] 【不具合修正】

802.11ax MU-MIMO設定を有効にした状態で端末を複数台接続した場合、Wi-Fi6対応端末の通信速度が低下する問題を
修正しました。

無線ルーター(親機)としての設定方法

参考)

2019年10月以降のバッファロー製品の位置付け(公式ページ)

参考)リリース等

その他)

参考)WiFi6対応の中継機

WEX-1800AX4、WEX-1800AX4EA(WiFi6、WPA3対応の中継機)の違い、設定方法(バッファロー)
バッファローのWiFi6(IEEE802.11ax)、WPA3にも対応した中継専用機 WEX-1800AX4、…
kuritaroh.com

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。