中継機 WEX-733Dが設定できない、つながらない対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

以下の方法で設定できる(親機が古いとダメな場合がある)。

[アンサーID: 15507] 中継機「WEX-733D」を無線親機に接続する方法(WPS/手動)

     注意)設定開始前に、必ず中継機「WEX-733D」をRESETすること。

WEX-733Dには、セットアップ用の無線SSIDが出ている(仕様としては非公開)のでスマホでも設定可能

  • セットアップ用SSIDが出ているので、スマホでも設定可能
    • セットアップ用SSIDの名前は、Buffalo-G-yyyy と Buffalo-A-yyyy
      • ( yyyy  は、MACアドレスの末尾4桁)
      • WEX-733Dだけが、他の中継機とは異なる名前体系のSSID
        • (参考: WEX-1166DHPやWEX-733DHPのセットアップ用SSIDは、!Setup-G-xxxx や !Setup-A-xxxx )
    • 暗号化キーは無しで open(パスワードなしで自由に接続可能)
  • 中継機として設定されても、Extenderは出ない。

WEX-733Dの注意すべき仕様(TKIPをサポートしてない)

  • 親機と中継機とは、同一の暗号化方式で接続する必要がある。
  • 親機が古いルーターで、端末とAOSS接続している場合には、暗号化方式がWPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP)の場合が多い。
  • 中継機WEX-733Dは、暗号化方式WPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP)をサポートしていない。
  • 従って、親機が古いルーターの場合には、暗号化方式が一致しないため、WEX-733Dでは中継機設定ができない場合がある。

親機が古いルーターで、WEX-733Dを中継機設定する場合の対策

  • 親機が古いルーターだった場合には、(例:WHR-HP-G300Nなど)
    • 親機とWEX-733Dとが、ともにサポートしている暗号化方式で接続する。手順は
      • (1)親機の無線の暗号化方式をWPA2-PSK(AES)に変更し、
      • (2)親機のAOSSを削除し、
    • そのあとで、WEX-733Dの中継機設定(手動)を行なうこと。

つまり、暗号化方式を同じWPA2-PSK(AES)にしてから、中継機の手動設定(自動でなく、手動で)を実施すること。

参考)WEX-733DとWEX-733DHPとWEX-1166DHPとのセキュリティの違い

機種 /  セキュリティ WPA2-PSK(AES) WPA-PSK(AES) WPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP) WEP(128/64bit)
WEX-1166DHP

WEX-1166DHPS

WEX-733DHP
WEX-733D

(注意:TKIPのみに対応)

X(注意)
  •  WEX-733D(LANポートあり)が動作するセキュリティ(暗号化方式)は
    • WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP)
    • WEP(128/64bit)
  • WEX-733DHP(LANポートなし)が動作するセキュリティ(暗号化方式)は
    • WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP)
    • WEP(128/64bit)

親機が古いルーターの場合、買うなら WEX-1166DHP か WEX-733DHP がお薦め

Amazonで購入するなら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です