WSR-6000AX8(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、2.5Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IPv6接続、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)と2.5Gbps(INTERNET端子)とWPA3とEasyMeshとスマート引っ越し に対応するバッファローのWi-Fiルーター「WSR-6000AX8」。推奨利用環境は、戸建て3階建/マンション4LDK。端末台数/同時使用人数は、36台/12人。無線ルーター(親機)として設定する方法、中継機として設定する方法を説明。SSID(2.4GHz)SSID(5GHz)ともに、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応している。「ネット脅威ブロッカー」は非搭載。
型番のあとの/Dや/Nは、販売ルートが異なるのみ。製品本体の仕様は全く同じ。

WSR-6000AX8の設定方法

親機として設定

中継機として設定

WPA3(Wi-Fiの新しい暗号化設定)での接続

  • 端末やOSによっては、WPA3で接続できない。その場合は、WPA2で接続する。
    • iPhone11以降は、WPA3に対応。
    • WPA2用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID
      • (例:Buffalo-5G-XXXX、Buffalo-2G-XXXX)
    • WPA3用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID末尾に「-WPA3」を加えたもの
      • (例:Buffalo-5G-XXXX-WPA3、Buffalo-2G-XXXX-WPA3)
  • 参考)

Easy Meshでの接続手順

EasyMesh機能とは何か、対応機種と設定方法(バッファローの無線ルーター、中継機)

WSR-6000AX8のファームウェア更新

バッファローの個人向け無線LAN親機のファームウェアのバージョンを確認、更新する方法

参考)

無線ルーター(親機)としての設定方法

無線ルーター(WNR、WXR、WSR、WHR、WCR、WZR、WTR、WRM)の設定方法、つながらない対策(バッファロー)

IPv6接続(v6プラス,IPv6オプション,transix,OCNバーチャルコネクト,クロスパス,v6コネクト)の設定方法(バッファロー)

参考)

Wi-Fi 6対応ルーター(WXR-6000AX12S、WXR-5950AX12、WXR-5700AX7S、WSR-5400AX6S、WSR-3200AX4S、WSR-1800AX4S、WSR-1500AX2S)比較と設定方法(バッファロー)

個人向け無線ルーターのMACアクセス制限の設定方法(バッファロー)

無線・有線ルーター(バッファロー)のポート開放、ポート変換、DMZ、UPnPの設定方法

IPv6接続(v6プラス、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクト)でポート開放する方法と注意点(WNR、WXR、WTR、WRM、WSRシリーズ)(バッファロー)

参考)

IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)に対応したバッファローの無線LANルーター、ハブ、USB有線LANアダプタ

WPA3に対応した法人向け無線LANアクセスポイント、法人・個人向け無線LANルーター、中継機(バッファロー)

参考)WiFi6対応の中継機

WEX-1800AX4、WEX-1800AX4EA(WiFi6、WPA3対応の中継機)の違い、設定方法(バッファロー)
バッファローのWiFi6(IEEE802.11ax)、WPA3にも対応した中継専用機 WEX-1800AX4、…
kuritaroh.com

WSR-6000AX8

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。