1台のスマホ(PC)だけがインターネットにつながらない(他のスマホ、PCはつながる)場合の対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

特定のスマホだけが、インターネットにつながらない場合の対策を説明。スマホにWifiマークは表示されているのに、インターネットにつながらない。しかも、PCや別のスマホはインターネットにつながる。何が原因なのか、どういう対策をすればよいか分からないという場合に役に立つかもしれない情報。なお、他のスマホやPCはつながるのに、特定のPCだけが、インターネットにつながらない場合も同じ解決策である。

現象)特定のスマホ(PC)だけがインターネットにつながらない

  • 現象としては、
    • 無線ルーターの同じSSIDに、他のスマホやパソコンはつながってインターネットができるのに、
      • 特定のスマホだけがインターネットにつながらない
        • そのスマホにはWiFiマーク表示されているので、無線自体はつながっている様子なのに
        • インターネットにつながらない
      • 特定のPCだけがインターネットにつながらない場合も、同様。
        • ノートPCの場合には、バッテリーが少ないと省電力モードに切り替わり、つながらない場合がある。充電すること。
  • 原因を絞り込みたいが・・・原因が分からない状態
    • パソコンや他のスマホがつながっているから、無線ルーターが原因ではないと思われる
    • つながらないスマホは、別のWiFiルーター(FREE-WiFiなど)にはつながってインターネットできるので、スマホが原因とも思えない
    • では、原因はいったい何? となる

対策1)つながらないスマホ(PC)のIPアドレスを固定する

  • 原因が特定できないこういう場合や無線接続が頻繁に切れる場合にも、スマホのIPアドレスを固定すると改善する場合がよくある
    • 無線ルーターとスマホとのやり取りの中で、
      • 無線ルーターからスマホへの、IPアドレスやDNSサーバーアドレスの受け渡し(DHCP)がうまくいかない場合に起こる
  • 対策としては、以下。 
      • 無線ルーターから、IPアドレスやDNSサーバーアドレスを受け渡す(DHCP)ことなく
      • スマホ自体に、IPアドレスやデフォルトゲートウェイやDNSサーバーアドレスを設定する
  • 具体的には、スマホのIPアドレスをDHCPから静的に変更する。詳細な変更手順は、以下の記事を参照

対策2)WiFiルーターのWi-Fi6の機能、TWT機能をOFFにしてみる

  • 対策)Wi-Fi6(IEEE802.11ax)対応のWiFiルーターの場合には、試しにWi-Fi6の機能、TWT(Target Wake Time)機能を無効にしてみるとつながる場合がある。

参考)PS5、PS4で通信が遅い場合に、DNSサーバーを変更することで速くなるらしい

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。