WSR-3200AX4S(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、1Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IPv6接続とWi-Fi 6(IEEE802.11ax)とWPA3と1Gbpsとに対応するバッファローのWi-Fiルーター「WSR-3200AX4S」。無線ルーター(親機)として設定する方法、中継機として設定する方法を説明。注意点としては、SSID(2.4GHz)は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)には対応していないこと。

WSR-3200AX4Sの設定方法

仕様に注意

  • Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)対応は、SSID(5GHz)のみ。
    • SSID(2.4GHz)は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)非対応、Wi-Fi 4(IEEE802.11n)対応。
    • SSID(5GHz)は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)対応、Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)対応、Wi-Fi 4(IEEE802.11n)対応。
    • 参考)WSR-3200AX4Sの仕様「無線LANインターフェース」-「準拠規格」

WPA3(Wi-Fiの新しい暗号化設定)での接続

  • 端末やOSによっては、WPA3で接続できない。その場合は、WPA2で接続する。
    • iPhone11以降は、WPA3に対応。 
    • WPA3用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID末尾に「-WPA3」を加えたもの
      • (例:Buffalo-A-XXXX-WPA3、Buffalo-G-XXXX-WPA3)
    • WPA2用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID
      • (例:Buffalo-A-XXXX、Buffalo-G-XXXX)
  • 参考)「WPA3で接続する方法」(ページ12/154)

ファームウェア更新

Ver.1.10[2021/01/25]
【機能追加】
・ネット脅威ブロッカー ベーシックに対応しました。
【不具合修正】
・通信環境によって本商品のLAN端子で通信ができなくなる問題を修正しました。
・無線設定の「2.4GHz(11n/g/b)」と「5GHz(11ax/ac/n/a)」の設定項目に「LDPC」を追加しました。
通常は「使用する」のチェックをつけたままご使用ください。
通信が極端に遅い場合、「使用する」のチェックを外すと改善することがあります。
・ゲストポートの設定を「On」にした際、LAN端子での接続および無線での接続で、IPv6での通信ができなくなる
場合がある問題を修正しました。
・設定画面で、[IPアドレス取得方法]に[インターネット@スタート]を選択した場合、
MTU(1回の転送で送信できるデータの最大値)の値が正しく設定されない問題を修正しました。
・WAN側のMACアドレスを変更しても、DHCPクライアントのクライアントIDが変更されず、
DHCPサーバーから取得するIPアドレスが変化しない問題を修正しました。
・お使いの環境によっては、DS-Lite方式でネットワークに接続したときに通信速度が低下する問題を修正しました。
Ver.1.01[2020/11/24] 【不具合修正】
・本商品をアクセスポイントモードや中継機としてスイッチを「Manual」「APまたはWB」と切り替えて使用し、
DNSアドレスを特に設定していないときに、お使いの環境によっては、下記の現象が発生する問題を修正しました。
-本商品のファームウェアのオンラインアップデート、または自動アップデート機能が使用できない。
-NTP機能で正しい時刻を取得できない
-本商品前面のINTERNETランプが点灯しない。
上記現象が発生しているときは、自動やオンラインではファームウェアの更新はできませんので、
手動で更新するか、本商品をルーターモードに設定を変更してからファームウェアを更新してください。
・v6プラス/IPv6オプションをご利用の場合に、Nintendo Switch(R)の「あつまれ どうぶつの森」で、
インターネットを利用して「お出かけ」ができないことがある問題を修正しました。

注意)

無線ルーター(親機)としての設定方法

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。