WSR-3200AX4S(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、1Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IPv6接続とWi-Fi 6(IEEE802.11ax)とWPA3とEasyMeshと1Gbpsとに対応するバッファローのWi-Fiルーター「WSR-3200AX4S」。無線ルーター(親機)として設定する方法、中継機として設定する方法を説明。注意点としては、SSID(2.4GHz)は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)には対応していないこと。SSID(5GHz)は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応している。

WSR-3200AX4Sの設定方法

仕様に注意

  • Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)対応は、SSID(5GHz)のみ。
    • SSID(2.4GHz)は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)非対応、Wi-Fi 4(IEEE802.11n)対応。
    • SSID(5GHz)は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)対応、Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)対応、Wi-Fi 4(IEEE802.11n)対応。
    • 参考)WSR-3200AX4Sの仕様「無線LANインターフェース」-「準拠規格」

WPA3(Wi-Fiの新しい暗号化設定)での接続

  • 端末やOSによっては、WPA3で接続できない。その場合は、WPA2で接続する。
    • iPhone11以降は、WPA3に対応。 
    • WPA3用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID末尾に「-WPA3」を加えたもの
      • (例:Buffalo-A-XXXX-WPA3、Buffalo-G-XXXX-WPA3)
    • WPA2用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID
      • (例:Buffalo-A-XXXX、Buffalo-G-XXXX)
  • 参考)「WPA3で接続する方法」(ページ12/154)

Easy Meshでの接続手順(Ver.1.20以降)

ファームウェア更新

Ver.1.21[2021/10/18]
ファームウェアVer.1.20以前からファームウェアをアップデートすると、高速ローミング(11r)機能の初期値が
「使用しない」に設定が変更されます(「使用する」に設定していた場合でも変更されます)。
※高速ローミング(11r)機能を使用するには、「使用する」に設定する必要があります。
設定方法は【こちら】を参照してください。
また、「使用する」に設定した環境で、Wi-Fi機器がつながらないときについては【こちら】を参照してください。
ファームウェアVer1.10以前からファームウェアをアップデートすると、EasyMesh機能が「使用しない」に設定されます
※EasyMesh機能を使用するには、「使用する」に設定する必要があります。
設定方法は、【こちら】を参照してください。
Ver.1.20[2021/07/07]
【機能追加】
・EasyMesh機能に対応しました。
【不具合修正】
・詳細設定画面でダイナミックDNS機能を設定する場合に、No-IPのメールアドレス入力時に
エラーが発生する問題を修正しました。
・お使いのネットワーク環境によっては、設定画面で「インターネット@スタートを行う」を選択しても、
インターネット回線の種類を自動的で判別できないことがある問題を修正しました。
・StationRadarで、接続先のSSIDが正しく表示されないことがある問題を修正しました。
・詳細設定画面の[システム]-[ステータス]-[通信パケット]で、LAN側有線(#4)以外の
パケット数表示が0から変わらない問題を修正しました。
・本商品を2.4GHzの周波数でWi-Fi接続していた場合、インターネットのページによっては、
読み込みが遅い、または読み込みが停止することがある問題を、ルーターモードで修正しました。
アクセスポイントモードで同現象が発生したときは、申し訳ありませんが、
可能な限り5GHzの周波数でWi-Fi接続してお使いください。
Ver.1.10[2021/01/25]
【機能追加】
・ネット脅威ブロッカー ベーシックに対応しました。
【不具合修正】
・通信環境によって本商品のLAN端子で通信ができなくなる問題を修正しました。
・無線設定の「2.4GHz(11n/g/b)」と「5GHz(11ax/ac/n/a)」の設定項目に「LDPC」を
追加しました。通常は「使用する」のチェックをつけたままご使用ください。
通信が極端に遅い場合、「使用する」のチェックを外すと改善することがあります。
・ゲストポートの設定を「On」にした際、LAN端子での接続および無線での接続で、
IPv6での通信ができなくなる場合がある問題を修正しました。
・設定画面で、[IPアドレス取得方法]に[インターネット@スタート]を選択した場合、
MTU(1回の転送で送信できるデータの最大値)の値が正しく設定されない問題を修正しました。
・WAN側のMACアドレスを変更しても、DHCPクライアントのクライアントIDが変更されず、
DHCPサーバーから取得するIPアドレスが変化しない問題を修正しました。
・お使いの環境によっては、DS-Lite方式でネットワークに接続したときに
通信速度が低下する問題を修正しました。
Ver.1.01[2020/11/24] 【不具合修正】
・本商品をアクセスポイントモードや中継機としてスイッチを「Manual」「APまたはWB」と切り替えて使用し、
DNSアドレスを特に設定していないときに、お使いの環境によっては、下記の現象が発生する問題を修正しました。
-本商品のファームウェアのオンラインアップデート、または自動アップデート機能が使用できない。
-NTP機能で正しい時刻を取得できない
-本商品前面のINTERNETランプが点灯しない。
上記現象が発生しているときは、自動やオンラインではファームウェアの更新はできませんので、
手動で更新するか、本商品をルーターモードに設定を変更してからファームウェアを更新してください。
・v6プラス/IPv6オプションをご利用の場合に、Nintendo Switch(R)の「あつまれ どうぶつの森」で、
インターネットを利用して「お出かけ」ができないことがある問題を修正しました。

注意)

無線ルーター(親機)としての設定方法

参考)

参考)WiFi6対応の中継機

WEX-1800AX4、WEX-1800AX4EA(WiFi6、WPA3対応の中継機)の違い、設定方法(バッファロー)
バッファローのWiFi6(IEEE802.11ax)、WPA3にも対応した中継専用機 WEX-1800AX4、…
kuritaroh.com

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。