WLS-ADT(バッファローの無線LANシステム集中管理システム)の使い方、設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローの無線LANシステム集中管理システム WLS-ADT(Wireless LAN System – ADmin Tool)とは何か、その使い方、注意点、設定方法などを説明する。

★★ この記事は書きかけです。悪しからず ★★

WLS-ADT(Wireless LAN System – ADmin Tool) とは何か

  • 複数台の通信機器を一覧にして「見える化」し、集中して管理するソフトウェア
WLS-ADT トップ画面
WLS-ADT トップ画面

WLS-ADT の特徴

  • 無線LANシステム集中管理ソフト「WLS-ADT
    • 複数台の通信機器(AP、スイッチ、TeraStation、HDMI変換アダプター)を、集中して管理するソフトウェア
    • ローカルではもちろん集中管理が可能だが、リモートからでも集中管理が可能
  •  試用版がある
  • 仕組みは、SNMP を使用(SNMPは、以下で説明)
    • マネージャとエージェントとの間で、MIB(Management Information Base ミブ)を通して通信
  • メリット
    • 電波環境を「見える化」して把握できる
    • 遠隔地から、複数の拠点を管理可能
  • 製品ラインナップ

WLS-ADTの取扱説明書

WLS-ADT,WLS-ADT/LW 対応の製品と対応機能の一覧

WLS-ADTの画面

  • WLS-ADTを起動した、トップ画面
    • 上部の「操作パネル」
    • 左側の「データベースの切り替え」画面
    • 中央の「機器一覧画面」
    • 右側の「ステータス」画面、「アライブチェック」画面
    • 下部の「ログ」画面、「ステータスバー」
WLS-ADT トップ画面
WLS-ADT トップ画面(ユーザーマニュアルから引用)
  • 「マップ」画面
  • 「不正AP検知」画面

WLS-ADTの設定方法

  • (工事中)

SNMP(Simple Network Management Protocol)とは何か

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。