バンドステアリング(Lite)とは何か、その効果と設定方法(バッファロー、TP-Linkの無線ルーター)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

無線ルーターのバンドステアリング、バンドステアリングLiteとは何か、設定方法を説明。バンドステアリングは、空いている周波数帯域を利用できるので、通信スピードも速くなる効果がある。TP-Linkの無線ルーターでは、「スマートコネクト」と呼んでいる。

バンドステアリング機能とは

  • バッファローのバンドステアリング(Lite)機能とは
    • 端末が接続する電波を、SSID(2.4GHz)に接続するか、SSID(5GHz) に接続するか、を自動で切り替える機能
      • バンドステアリング機能 : 複数のSSID間で自動切り替え
      • バンドステアリングLite機能 : 共通のSSID(2.4GHzと5GHzとで同じSSID)で自動切り替え
    • 自動切り替えの判断基準は、Wi-Fi子機(端末)との電波強度や混雑状況や接続台数
      • バンドステアリング機能 : 電波強度混雑状況接続台数の3つ を判断材料とする
      • バンドステアリングLite機能 : 電波強度のみ を判断材料とする
  • メリット
    • 端末を5GHz帯、2.4GHz帯のどちらか混雑していない方へ自動で接続を切り替えるので、いつでも空いている帯域を利用でき快適な通信ができる
  • デメリット
    • 製品の初期値は「使用しない」なので、バンドステアリング機能を使用するには、設定変更が必要
      • バンドステアリング機能 : 使用しない
      • 2.4GHz/5GHz 共通SSID : 使用しない

バンドステアリングとバンドステアリングLiteとの違い、設定方法

   項目  \  機能 バンドステアリングLite バンドステアリング
ステアリング設定 自動のみ
対象SSID 共通SSIDのみ 全てのSSID
混雑状況モニター X(非搭載)
帯域切り替えの判断基準 電波強度のみ 電波強度・混雑状況・接続台数
搭載機種 WSR-1800AX4 WSR-3200AX4S
WSR-5400AX6
WSR-A2533DHP2

WRM-D2133HP WRM-D2133HS
WTR-M2133HP WTR-M2133HS
WXR-1750DHP
WXR-1750DHP2 WXR-1751DHP2
WXR-1900DHP2 WXR-1900DHP3
WXR-1901DHP3
WXR-5700AX7S WXR-5950AX12
WXR-6000AX12S
(WXR-2533DHP2は非搭載)

設定方法 WSR-5400AX6の設定例(ページ35/163)

WXR-5700AX7Sの設定例(ページ46/201)

 

参考)バンドステアリングを、使用しない設定も可能

TP-Linkでは、「スマートコネクト」のこと

  • スマートコネクト機能は、
    • 2.4GHzや5GHzのように、複数のバンドを持つルーターの各バンドのSSIDを同一にまとめ、
      • ルーター側で各デバイスに最適なバンドを負荷や干渉状況も合わせて考慮し
      • 自動的に割り当てようとする機能
    • スマートコネクト機能を有効に設定すると、ルーターの2.4GHzと5GHzの各バンドのSSIDとパスワードは同一となり、利用時にバンドを意識する必要はなくなる

    • 逆に、2.4GHzと5GHzを自分で切り替えたい場合、スマートコネクトは無効化する。

    • 「スマート コネクトの仕組み – TP-Link」
    • 「スマートコネクトを有効に設定するには?」

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。