中継機WEX-5400AX6(EasyMesh、WiFi6、WPA3対応)の設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローのWiFi6(IEEE802.11ax)、WPA3、Wi-Fi EasyMeshにも対応した中継専用機WEX-5400AX6 の設定方法や注意点を説明。WiFi6やWPA3やEasyMeshに対応していない親機に対しても、中継機として使用可能。他社の親機に対しても、中継機として使用可能。
型番のあとの/Dや/Nは、販売ルートが異なるのみ。製品本体の仕様は全く同じ。

中継機WEX-5400AX6の設定方法

中継機WEX-5400AX6の特徴

  • WiFi6(IEEE802.11ax)、WPA3対応の中継専用機
  • EasyMeshに対応(EasyMeshを使用する場合、親機もEasyMesh対応の場合)
    • EasyMeshでの接続形態は、直列でも、並列でも接続可能
    • EasyMeshでは、中継機の接続台数に制限はない
      • エージェントは、EasyMeshネットワーク内に4台まで接続可能(BUFFALO製のWi-Fiルーターをコントローラとして使用している場合)
      • エージェントとして動作する場合には、無線でも有線でも、コントローラと接続することが可能
WEX-1800AX4 EasyMesh
「EasyMeshでの接続手順」から引用
  • バッファローだけでなく、他社の親機の、中継機としても使用可能
  • 中継機の接続の考え方(EasyMeshを使用しない場合、親機がEasyMesh対応でない場合)
    • 可能な接続形態は、直列接続のみ。並列接続はできない。
      • 最大2台まで直列接続可能
        ◎ 直列接続 : 親機-子(中継機1)-孫(中継機2)
        X 並列接続 : 親機-子1(中継機1)、子2(中継機2)
    • 中継機ごとにSSIDを設定可能(通常は、親機と同じSSIDに設定する)
      • 中継機のSSID、暗号化キー、無線チャンネルは、中継機ごとに変更・設定できる
      • Extenderがある
        • Extender-G-xxxx、Extender-A-xxxx
        • Extender-G-xxxx-WPA3、Extender-A-xxxx-WPA3
  • WEX-5400AX6とWEX-5400AX6/NとWEX-5400AX6/Dの製品仕様は全く同じ。販売ルートが違うだけ。
    • WEX-5400AX6/Nは、Amazon向け
    • WEX-5400AX6/Dは、特定販売店向け

WEX-5400AX6 と WEX-1800AX4(EA) との仕様比較表

  \  製品
仕様

WEX-5400AX6 WEX-1800AX4 WEX-1800AX4EA
発売時期 2022年11月 2021年03月 2021年03月
定価 ¥12,700(価格コム) ¥6,300(価格コム) ¥6,800(価格コム)
消費電力 14.6W(最大) 11.3W(最大) 11.3W(最大)
質量(重量の間違い?) 約650g 約230g 約251g
電源 ACアダプター
(コンセント直挿しは不可)
壁掛け可能
コンセント直挿し コンセント直挿し
AC延長コード(2m)据え置き(壁掛けは不可)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 59×177×175mm
※本体のみ(突起部除く)
85×141×33mm
※本体のみ(突起部除く)
140×87×33mm
※本体のみ(突起部除く)
アンテナ 内蔵アンテナ
5GHz:4本
2.4GHz:2本
内蔵アンテナ
5GHz:2本
2.4GHz:2本
外付けアンテナ
(内蔵アンテナより通信が安定する)
セキュリティー OPEN、WPA、WPA/WPA2-mixed、WPA2、WPA2/WPA3、WPA3
Any接続拒否、プライバシーセパレーター、MACアクセス制限(最大登録許可台数:64台)
WPA3 Personal、WPA2 Personal、WPA3/WPA2-mixed、WPA2/WPA-mixed、WEP(128/64bit)
Any接続拒否、プライバシーモード、MACアクセス制限(最大登録許可台数:64台)
周波数範囲
(チャンネル)
5GHz:
W52 36/40/44/48ch(5180~5240MHz)
W53 52/56/60/64ch(5260~5320MHz)
W56 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch(5500~5700MHz)
W56(新電波法対応) 144ch(5720MHz)
2.4GHz:
1~13ch(2412~2472MHz)
※電波法によりW52/53は屋外使用禁止です。
IEEE802.11ax / IEEE802.11ac / IEEE802.11a:5.2~5.7GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140 / 144ch )
IEEE802.11ax / IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz(1~13ch)
有線LANインターフェース 端子形状:RJ-45
LANポート:最大1000Mbps x5
端子形状:RJ-45
LANポート:最大1000Mbps x1
中継機の設定方法 直列に2台 使用可能
(EasyMesh利用しない場合)
直列に2台 使用可能
(EasyMesh利用しない場合)
直列に2台 使用可能
(EasyMesh利用しない場合)
取扱説明書

以下の記述を参照

「中継機WEX-1800AX4、WEX-1800AX4EA(EasyMesh、WiFi6、WPA3対応)の違い、設定方法(バッファロー)」
WPSボタンでのランプ消灯 WPSボタンを約1秒押すと、ランプの消灯・点灯が切り替わる。
※ランプを消灯する設定を行っても、電源を入れ直すと元の状態(ランプが点灯する状態)に戻る

 

中継機 WEX-5400AX6の設定での注意

  • WPS接続(自動接続)で接続できない場合は、手動接続を行ってください

「WPSで中継設定(WB)しようとしましたが接続できません(EasyMesh対応商品)」

  • 旧中継機(WEX-1166DHP2、WXR-1900DHP2など)との共存は不可

ファームウェア更新

「無線端末(スマホ、PC)やWi-Fi対応家電がつながらなくなりました(EasyMesh対応済商品)」

参考)

中継機WEX-1800AX4、WEX-1800AX4EA(EasyMesh、WiFi6、WPA3対応)の違い、設定方法(バッファロー)

バッファロー無線ルーター(WXR-6000AX12S、WXR-5950AX12、WXR-5700AX7S、WSR-6000AX8、WSR-5400AX6S、WSR-3200AX4S、WSR-1800AX4S、WSR-1800AX4、WSR-1500AX2S、WNR-5400XE6、WEX-1800AX4)つながらない原因と対策方法

Wi-Fi 6対応ルーター(WXR-6000AX12S、WXR-5950AX12、WXR-5700AX7S、WSR-6000AX8、WSR-5400AX6S、WSR-3200AX4S、WSR-1800AX4S、WSR-1500AX2S)比較と設定方法(バッファロー)

バッファローの中継機のSSID、暗号化キー(パスワード)、ファームウェアの確認方法・変更方法

中継機が不安定、速度が遅い場合の対策方法(バッファロー)

EasyMesh機能とは何か、対応機種と設定方法(バッファローの無線ルーター、中継機)

WEX-5400AX6

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。