WXR-5700AX7S(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、10Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IPv6接続、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)と10GBASE-TとWPA3とEasyMeshに対応するバッファローのWi-Fiルーター「WXR-5700AX7S」。無線ルーター(親機)として設定する方法、中継機として設定する方法を説明。SSID(2.4GHz)SSID(5GHz)ともに、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応している。

WXR-5700AX7Sの設定方法

WPA3(Wi-Fiの新しい暗号化設定)での接続

  • 端末やOSによっては、WPA3で接続できない。その場合は、WPA2で接続する。
    • iPhone11以降は、WPA3に対応。
    •  WPA2用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID
      • (例:Buffalo-A-XXXX、Buffalo-G-XXXX)
    • WPA3用のSSIDは、セットアップカードに記載のSSID末尾に「-WPA3」を加えたもの
      • (例:Buffalo-A-XXXX-WPA3、Buffalo-G-XXXX-WPA3)
  • 参考)「WPA3で接続する方法」(ページ14/189)

Easy Meshでの接続手順(ファームウェア更新で対応済み)

  • WXR-5700AX7Sは、ファームウェア更新でEasyMeshに対応済み。

WXR-5700AX7Sのファームウェア更新

Ver.1.21[2021/11/10]
【不具合修正】
・ネット脅威ブロッカーを有効にした本商品を、有線LANでEasyMeshのエージェントとして
ネットワークに接続した場合に、INTERNETランプが橙色に点灯する問題を修正しました。
・本商品をEasyMeshでネットワークに接続した場合に、お使いの環境によっては、
コントローラとエージェント間をWi-Fiで接続できない、
または詳細設定画面のステータスで認証方式や暗号化が正しく表示されないことがある問題を修正しました。
・本商品の10GBASE-TのINTERNET端子の安定性を向上しました。
Ver.1.20[2021/9/30]
【機能追加】
・EasyMesh機能に対応しました。

【不具合修正】
・商品の脆弱性を修正しました。詳細は【こちら】を参照してください。
・お使いの光回線の終端装置(ONU)によっては、通信が遅くなる問題を修正しました。
・SSIDが32文字の場合に、WPSがunconfiguredにならない問題を修正しました。
・Internet Explorer 11で、キッズタイマーの設定ボタンがクリックできない問題を修正しました。
・ROUTER/AP/WBスイッチを「AP」で使用している場合、PlayStation 4 / PlayStation 5で「インターネット接続を診断する」を
実行した後に、インターネットへの接続が切断される問題を修正しました。
・お使いのネットワーク環境によっては、設定画面で「インターネット@スタートを行う」を選択しても
、インターネット回線の種類を自動的で判別できないことがある問題を修正しました。
・アドバンスドQoS機能を「使用する」に設定していた場合、2.4GHzの周波数で本製品に接続できないことがある問題を修正しました。
・お使いのネットワーク環境によっては、詳細設定画面[Internet]-[IPアドレス取得方法]で、
「インターネット回線の変更時に自動で切り替える」にチェックマークが入っていると、回線判定が完了しないことがある問題を修正しました。
Ver.1.11[2020/12/22]【不具合修正】
・v6プラス/IPv6オプションをご利用の場合に、Nintendo Switch(R)の「あつまれ どうぶつの森」で、
インターネットを利用して「お出かけ」ができないことがある問題を修正しました。
・お使いの環境によっては、DS-Lite方式でネットワークに接続したときに通信速度が低下する問題を修正しました。
・DS-Liteまたは、DHCP回線でIPアドレスの取得方法を「インターネット@スタートを利用する」を選択している場合、
PlayStation4 / PlayStation5で「インターネット接続を診断する」を実行した後に、
インターネットへの接続が切断される問題を修正しました。
・DHCP回線をお使いの場合、環境によっては、一定時間経過した後に、インターネットへの接続が切断される問題を修正しました。
・ゲストポートの設定を「On」にした際、LAN端子での接続および無線での接続で、
IPv6での通信ができなくなる場合がある問題を修正しました。

Ver.1.10[2020/11/05]【不具合修正】
・ネット脅威ブロッカー プレミアムに対応しました。
・電子レンジなどのWi-Fi以外の機器から発生するノイズを検知して、無線チャンネルを変更する「干渉波自動回避機能」を搭載しました。
・ネットワークの帯域をより効果的に利用するための「アドバンスドQoS機能」を搭載しました。
クロスパスの自動接続に対応しました。
・VPNサーバー機能(L2TP/IPsec接続)を使用しているときに、IPアドレスのリース期限が正しく表示されない問題を修正しました。
・DMZのアドレスが設定されているときに、VPNサーバー機能(L2TP/IPsec接続)で本商品に接続できない問題を修正しました。
・共有フォルダー機能の自動割り当てを無効にしたとき、本商品でUSB機器をXFS形式にフォーマットすると、
フォーマットしたUSB機器に書き込みができなくなる問題を修正しました。
・フレッツ光クロスに接続できない問題を修正しました。
温度監視機能を追加しました。高温環境下で運用した場合、安全のため再起動することがあります。
・ROUTER/AP/WBスイッチをWBにして、詳細設定画面で[接続時に中継機能の設定で動作する]をチェックした場合、
2.4GHzと5GHzの周波数のSSIDが同じSSIDになる問題を修正しました。
・お使いの環境によっては、5GHzの周波数のみ通信できない(5GHzのみSSIDが表示されない)問題を修正しました。
・詳細設定画面でIPv6フィルターを設定した内容で機能しない問題を修正しました。
・IPv6ファイアウォールが正しく機能しない問題を修正しました。
・SSID2で802.11nプロテクションが無効にできない問題を修正しました。
・WMMのAdmissionControlが有効にならない問題を修正しました。
・ROUTER/AP/WBスイッチをWBにしてAOSS機能で親機と接続した場合、通信速度が遅くなる問題を修正しました。
・ROUTER/AP/WBスイッチをAPにしてインターネット回線につながるルータなど上位装置へのケーブルをINTERNET端子に接続した場合、
IPv4マルチキャストが受信できない問題を修正しました。
【仕様変更】
・設定画面の[詳細設定]-[Internet] - [IPアドレス取得方法]のゲートアドレス入力欄を「transixを使用する」から
「その他のDS-Liteを使用する」に移行しました。
・AP/WBモード時の本機のIPアドレスを、「固定IPアドレス(初期値:192.168.11.100)」から
「DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得」に変更しました。
Ver.1.01[2020/08/27]
電源ボタンを押さないで、ACアダプターを取り外した際  まれに無線の通信ができなくなる問題を修正しました。

無線ルーター(親機)としての設定方法

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。