netstat 基本コマンド

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

netstatは、PCが使用しているポートの状態を一覧するコマンド

  • PCのコマンドプロンプトで実行。
  • コマンドを実行するPCのTCPおよびUDPポートの状態を確認する時、

>netstat -an を実行します。( -aはすべての接続を表示 -nはアドレスからの名前解決を抑制)

実行例

C:¥Users¥kuritaroh>netstat -an

アクティブな接続

プロトコル  ローカル アドレス  外部アドレス  状態
TCP  0.0.0.0:135  0.0.0.0:0  LISTENING  <== (1)該当ポートで接続を受け付けている状態
TCP  0.0.0.0:445  0.0.0.0:0  LISTENING
TCP  0.0.0.0:554  0.0.0.0:0  LISTENING
TCP  0.0.0.0:2869  0.0.0.0:0  LISTENING
TCP  0.0.0.0:5357  0.0.0.0:0  LISTENING
TCP  192.168.1.80:49184  10.20.30.40:445  ESTABLISHED  <== (2)接続が確立されている状態
UDP  0.0.0.0:5005  *:*
UDP  0.0.0.0:5355  *:*
 ~以下省略~

(1)「LISTENING」は、TCPポートの135番で接続を受け付けている状態

ローカルアドレスが 0.0.0.0 となっているものは、ホストのすべてのインターフェースで接続を受け付けているという意味。

(2)「ESTABLISHED」は、ホスト 192.168.1.80のTCPポート 49184番と、ホスト 10.20.30.40のTCPポート445番の間で接続が確立されている状態

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です