BuffaloNAS.comとは何か。DDNSとポート開放に過ぎない。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

BuffaloNAS.comでやっていることは何か

  • BuffaloNAS.comの技術的な構成要素は、DDNSとポート開放に過ぎない。
    • DDNSを使用してグローバルIPアドレスを使いやすくする
    • ポート開放
      • 「UPnP」を使用する or ポート開放のポート番号を9000番に固定(変更も可能)
    • HDDやUSBメモリにアクセスを許すユーザー情報(ユーザー名とパスワード)を設定
  • それらを、無線LANルーター や LinkStation/TeraStation でまとめて設定して、
  • その設定内容(DDNS、ポート開放、ユーザー情報)をBuffaloNAS.comサーバーへ登録しておき、
  • その設定内容に、BuffaloNAS.comのネームとキーとを、ひも付けているに過ぎない
    • つまり、BuffaloNAS.comのネームとキーとを、BuffaloNAS.comサーバーに渡せば、
    • BuffaloNAS.comサーバーが、登録済みの(DDNS、ポート開放、ユーザー情報)を見つけて、
    • ルーター内にアクセスできる仕組みなんだ。

BuffaloNAS.comが「登録済み」にならない場合の原因と対策

 

参考)WEBアクセスする機器の種類によって、サポート窓口が違う

  • WEBアクセス機能を使う」を参照。WEBアクセスされる機器の種類によって、サポート窓口が違う。
    • LinkStation/TeraStationの場合には、HDD(LinkStation/TeraStation)側窓口でサポートする。
    • 簡易NAS(無線LAN親機(Wi-Fiルーター)に接続したUSBハードディスクやUSBメモリ)の場合には、無線ルーター窓口でサポートする
    • その他の場合には、無線ルーター窓口でサポートする。しかし、推奨はしない。
      • 無線LAN親機(WiFiルーター)と LinkStation/TeraStation以外のHDDの場合には、DDNSとポート開放でHDDにアクセスできるようにする。
        • 但し、セキュリティの確保ができないので、この設定は推奨できない。ユーザー情報(ユーザー名とパスワード)を設定できないので、グローバルIPアドレスとポート番号がわかれば誰でもアクセス可能になってしまう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です