BuffaloNAS.comに登録できない、「登録済み」にならない場合の原因と対策(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

WEBアクセスが使用できない原因として、BuffaloNAS.comにネームを登録できなかったり、BuffaloNAS.comが「登録済み」にならない場合がある。その対策を説明。

BuffaloNAS.com

BuffaloNAS.comが「登録済み」にならない場合の原因と対策

原因としては、以下の2つが考えられる

  1. 使用できないBuffaloNAS.comのネームを登録しようとしている。
    『「BuffaloNAS.com ネーム」に入力された名称は既に使用されているか、 「BuffaloNAS.com キー」が間違っています。』とエラーが表示されます

    • 対策)他の人が既に登録しているネームを登録しようとした場合、自分だけのユニークなネームを登録する
    • 対策)不適切な文字を使用した場合、ネームに使用できる文字数を半角英数20文字以下に設定する
  2. ブリッジモード(APモード)のルーターに、簡易NASを接続している場合
    • 上位のルーターで、TCPのポート9000番がポート解放されていない
      • 対策)上位ルーターでポート解放する
    • [LAN]-[LAN]の「拡張設定」が空欄になっている。
      • 対策)上位ルーターと同じデフォルトゲートウェイ、DNSを登録する
      • 対策)LAN側IPアドレスとサブネットマスクの設定を登録する(上位ルーターと同じセグメントに設定する)
        •  (上位ルーターの、DHCPサーバー機能がOFFの場合には必須)
  3. WXR-6000AX12での不具合

参考)

バッファローのルーターの設定画面を表示させる方法(入れない、エアステーション設定ツール、StationRadar)

BuffaloNAS.comとは何か。DDNSとポート開放の組合せに過ぎない(バッファロー)

外出先からWEBアクセスする設定(自宅の簡易NASにBuffaloNAS.comサーバーを介してアクセス)(バッファロー)

外出先からWEBアクセスする設定(自宅のLinkStation/TeraStationにBuffaloNAS.comサーバーを介してアクセス)(バッファロー)

外出先からWEBアクセスする設定(自宅のLinkStation/TeraStationにBuffaloNAS.comサーバーを介してアクセス)(TP-Link)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。