STPケーブルに対応したスイッチ(バッファロー)の一覧

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

工場や研究所などノイズの多い現場で使用されるSTP(シールド付きツイストペア)ケーブルに対応した法人向けスイッチの型番を説明。

STPケーブルとUTPケーブルとは

  • STP(Shielded Twisted Pair シールド付きツイストペア)ケーブル
    • シールドが施されたケーブルであり、遮へい効果によってノイズに対する耐性が高い。
    • ただし、アース(接地)しないとノイズ遮蔽の効果はない。
      • LANケーブルを接続するポートがプラスチック(絶縁材料)となっているとアースできない
  • UTP(UnShielded Twisted Pair シールドなしツイストペア)ケーブル
    • 普通のLANケーブルで、シールドが施されていない。
  • 参考)「電気設備の知識と技術 UTPケーブルとSTPケーブル」
  • 参考)WikiPedia ツイストペアケーブル

STPに対応したバッファローのスイッチ

個人向けのハブは、STP対応ではない

  • 筐体の材質がプラスチックのハブやスイッチは、一般的にSTP対応ではない(アースできないため)
  • 筐体の材質がメタルであっても、バッファローの個人向けのハブはSTP対応ではない。

法人向けのスイッチは、ほとんどSTP対応(一部例外あり)。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。