Wi-Fi 6対応ルーター(WXR-6000AX12B、WXR-5700AX7B、WSR-5400AX6B、WSR-3200AX4B、WSR-1800AX4B、WSR-1500AX2B)比較と設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローのWi-Fi 6対応の無線LANルーター(WXR-6000AX12B、WXR-5700AX7B、WSR-5400AX6B、WSR-3200AX4B、WSR-1800AX4B、WSR-1500AX2B)の仕様の違いを比較し設定方法を説明。Wi-Fi EasyMesh、TWT(Target Wake Time)についても説明。Wi-Fi 6(802.11ax)で、無線の通信速度が速くなる。また、全機種とも、WPA3にも対応、IPv6接続も可能、Wi-Fi EasyMeshにも対応、「ネット脅威ブロッカー」は搭載なし。

また、WXR-6000AX12S、WXR-5700AX7S、WSR-5400AX6S、WSR-3200AX4S、WSR-1800AX4S、WSR-1500AX2Sは、型番末尾『B』の機種とハードウェアは全く同じもので、「ネット脅威ブロッカー」の搭載/非搭載の仕様が違うのみ。

「型番末尾が『S』の機種」と「型番末尾が『B』の機種」との違い

  • 『バッファローのWi-Fi 6ルーターに末尾「B」の新型番、違いは「ネット脅威ブロッカー」』
  • ハードウェアは全く同じ
  • 「ネット脅威ブロッカー プレミアム」・「ネット脅威ブロッカー ベーシック」の搭載/非搭載の違いのみ
    • 「型番末尾が『S』の機種」→「ネット脅威ブロッカー プレミアム」・「ネット脅威ブロッカー ベーシック」を搭載
    • 「型番末尾が『B』の機種」→「ネット脅威ブロッカー プレミアム」・「ネット脅威ブロッカー ベーシック」を搭載

型番末尾が『B』の機種が必要な理由(推測です)

  • 型番末尾が『S』の機種に加えて、型番末尾が『B』の機種が必要な理由は、「ネット脅威ブロッカー」
    • 「ネット脅威ブロッカー」のデータベースの供給、フィルタリングのジャンル情報の提供は、カスペルスキー社(ロシア本社)
    • 米国連邦通信委員会(FCC)が、国家安全保障に対する脅威と見なす通信機器・サービス業者のリストに、カスペルスキー社を追加(2022年3月25日)
    • そのため、「ネット脅威ブロッカー」を搭載しない機種のニーズが増加
    • 円安により部品価格が上がったため、製品の価格に転嫁する必要が出てきた?
    • 参考)

Wi-Fi6対応ルーター(WXRシリーズ、WSRシリーズ)の比較表

「Start! Wi-Fi 6 Wi-Fi 6で、生活が変わる。」

Wi-Fi6対応ルーター(WXR-6000AX12B、WXR-5700AX7B、WSR-5400AX6B、WSR-3200AX4B、WSR-1800AX4B、WSR-1500AX2B)比較表

  WXR-6000AX12SB WXR-5700AX7B WSR-5400AX6B
WSR-3200AX4B WSR-1800AX4B
WSR-1500AX2B
位置付け フラグシップ
モデル
ハイパフォーマンス
モデル
プレミアム
モデル
スタンダード
モデル
エントリー
モデル
エントリー
モデル
推奨利用環境 戸建て3階建
マンション4LDK
戸建て2階建
マンション3LDK
端末台数
同時使用人数
36台
12人 
32台
11人
30台
10人
21台
7人
14台
5人
12台
4人
発売日 2022年6月  2022年7月 2022年6月 2022年5月 2022年5月
2022年5月
参考価格 ¥38,300
¥27,300 ¥17,800 ¥12,900 ¥8,800 ¥7,000
幅X高さX奥行 300×195×75mm
本体のみ(アンテナおよび突起部除く)
230×163×60mm
本体のみ(付属品および突起物等を除く)
59×177×175mm
(付属品および突起物を除く)
37.5×160×160mm
(付属品および突起物を除く)
36.5×160×160mm
本体のみ(付属品および突起物を除く)
40×148×133mm
本体のみ(付属品および突起物を除く)
重量 約1580g  約830g 約650g 約390g 約373g 約300g
消費電力 34.0W  28.8W 14.6W 15W 11.0W 8.8W
アンテナ 外部アンテナ
5GHz/2.4GHz共通:4 本・無指向性
5GHz専用:4 本・無指向性
外部アンテナ5GHz/2.4GHz共通:3本
5GHz専用:1本
内蔵アンテナ
5GHz専用:4本
2.4GHz専用:2本
内蔵アンテナ
5GHz/2.4GHz共通:4本
内蔵アンテナ
5GHz専用:2本
2.4GHz専用:2本
内蔵アンテナ
5GHz/2.4GHz共通:2本
USB
インターフェース
USB 3.2 (Gen1)
※初期設定はUSB 2.0
USB Type-A×1(端子形状) 
USB 3.1 (Gen1)
※初期設定はUSB 2.0
USB Type-A×1(端子形状)
USBインターフェースは、なし 
有線LAN INTERNETポート:
 10Gbps×1
INTERNETポート:
 1Gbps×1
INTERNETポート:
 1Gbps×1
LANポート:
 10Gbps×1、1Gbps×3 
LANポート:
 1Gbps×4
LANポート:
 1Gbps×4
LANポート:
 1Gbps×3
中継機能
接続可能親機は
WXR-5950AX12
WXR-6000AX12S
WXR-6000AX12B
のみ 
WiFi6
(11ax)
5GHz:11ax対応
2.4GHz:11ax対応

5GHz:11ax対応
2.4GHz:11ax非対応
5GHz:11ax対応
2.4GHz:11ax対応
5GHz:11ax対応
2.4GHz:11ax非対応
IPv6  ◎(IPv6接続の設定方法
WPA3  ◎(WPA3対応の無線ルーター
バンドステアリング
バンドステアリング

バンドステアリングLite

VPNサーバー機能
(VPNサーバー機能の設定方法)
X
ネット脅威ブロッカー 型番末尾『B』の機種は、
「ネット脅威ブロッカー ベーシック」も「ネット脅威ブロッカー プレミアム」も非搭載
Easy Mesh (EasyMesh設定方法)
資料 取扱説明書・設定方法などの詳細 取扱説明書・設定方法などの詳細 取扱説明書・設定方法などの詳細 取扱説明書・設定方法などの詳細 取扱説明書・設定方法などの詳細 取扱説明書・設定方法などの詳細
  WXR-6000AX12SB WXR-5700AX7B WSR-5400AX6B
WSR-3200AX4B WSR-1800AX4B
WSR-1500AX2B

 

 

参考)

Wi-Fi 6対応ルーター(WXR-6000AX12S、WXR-5950AX12、WXR-5700AX7S、WSR-5400AX6S、WSR-3200AX4S、WSR-1800AX4S、WSR-1500AX2S)比較と設定方法(バッファロー)

バンドステアリング(Lite)とは何か、その効果と設定方法(バッファロー、TP-Link、エレコム、NEC、IODATA、ASUSの無線ルーター)

ネット脅威ブロッカーとは何か、設定方法、利用中止の方法(バッファローの無線LANルーター)

EasyMesh機能とは何か、対応機種と設定方法(バッファローの無線ルーター、中継機)

TWT (Target Wake Time)機能について

  • スマートフォンなど端末のバッテリー消費を抑える「TWT(Target Wake Time)」という技術
    • Wi-Fi6(802.11ax)で導入された省電力機能(Wi-Fi5では非対応だった)
  • Wi-Fi親機から端末へのデータ通信タイミングを調整し、信号受信待機の必要がない時に端末側の通信機能をスリープ状態へ移行させることで消費電力を抑え、バッテリーを長持ちさせることができる
  • スマホなど端末側も、TWT対応である必要がある
    • iPhoneは、iPhone11シリーズ、iPhone12リーズ、iPhone13シリーズ、iPhoneSE(第2世代)がTWTに対応
    • Androidは、対応いろいろ
  • 参考)仕組み等の詳細は、
  • 機種ごとの対応

参考)Wi-Fi 6(802.11ax)対応のWi-Fiアダプター

  • Wi-Fi 6対応のバッファローのWi-Fiアダプター(無線LAN子機)は、「WI-U3-1200AX2

Wi-Fiアダプター(Wi-Fi6対応)WI-U3-1200AX2の設定方法、つながらない対策(バッファロー)

参考)法人向けのWi-Fi 6(802.11ax)対応について

  • Wi-Fi 6対応のバッファローの法人向けアクセスポイント製品は、「WAPM-AX8R
  • Wi-Fi 6対応のバッファローの法人向けルーター製品は、「VR-U300W

バッファローの法人向け無線LANアクセスポイント(WAPM、WAPS)でWiFi6(IEEE802.11ax)対応はWAPM-AX8Rのみ

法人向け無線VPNルーター VR-U300WのVPN(拠点間接続)の設定方法、つながらない対策(バッファロー)

注意)パソコンでSSIDが表示されないトラブル

パソコンから無線ルーターに無線接続しようとして、SSIDが表示されない対策

参考)具体的な設定方法は、従来の製品と同じで良い(以下を参照)

無線ルーター(WXR、WSR、WHR、WCR、WZR、WTR、WRM)の設定方法、つながらない対策(バッファロー)

参考)WPA3に対応

WPA3に対応した法人向け無線LANアクセスポイント、法人・個人向け無線LANルーター、中継機(バッファロー)

参考)中継機として設定する場合

無線ルーター(バッファロー WXR、WSR、WHR、WZR)を中継機として設定する方法、つながらない対策

参考)

WXR-6000AX12B、WXR-6000AX12S(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、10Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

WXR-5950AX12(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、10Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

WXR-5700AX7B、WXR-5700AX7S(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、10Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

WSR-5400AX6B、WSR-5400AX6S、WSR-5400AX6(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、1Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

WSR-3200AX4B、WSR-3200AX4S(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、1Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

WSR-1800AX4B、WSR-1800AX4S、WSR-1800AX4(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、1Gbpsに対応)の違い、設定方法(バッファロー)

WSR-1500AX2B、WSR-1500AX2S(IPv6接続、Wi-Fi6、WPA3、EasyMesh、1Gbpsに対応)の設定方法(バッファロー)

IPv6接続(v6プラス,IPv6オプション,transix,OCNバーチャルコネクト,クロスパス,v6コネクト)の設定方法(バッファロー)

参考)WiFi6対応の中継機

中継機WEX-1800AX4、WEX-1800AX4EA(EasyMesh、WiFi6、WPA3対応)の違い、設定方法(バッファロー)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。