MU-MIMOとは何か。親機も、端末側(スマホ、PCなど)も対応している必要がある

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

MU-MIMO(えむゆー まいも)だと複数端末との同時通信が可能。端末(スマホなど)側も対応している必要がある。

MU-MiMOとは

  • MU-MIMOとは、MultiUser-MultiInputMultiOutputの略
  • SU-MIMOもある(SingleUser-MultiInputMultiOutputの略)
  • 「MU-MIMO」とは、複数端末の同時通信が可能な通信方式のこと。
    • たとえば、WSR-2533DHP2なら、最大4台の端末が同時通信でき、快適な通信が可能です。
    • WXR-2533DHP2なら、最大3台の端末が同時通信可能。
  • 「SU-MIMO」だと、一度に通信できるのは1台の端末だけ。複数端末を同時に使う場合には、スピードが遅くなる可能性がある。

MU-MIMOの理解

  • 次のリンクで、MU-MIMOの概要が分かります

MU-MIMOを使うためには?

  • MU-MIMOを使った通信をするためには、親機と子機(端末)とが両方とも対応している必要がある。
    • まずMU-MIMOを搭載したWi-Fiルーター(親機)を用意する必要がある。
    • さらに、スマホなど子機(端末)側もMU-MIMOに対応している必要がある

MU-MIMOに対応する端末・子機は?

  • スマートフォンでは「iPhone 6」以降や、一部のAndroid端末がMU-MIMOに対応している。
  • 古いPCなどのMU-MIMO非搭載の端末であっても、MU-MIMOを搭載したWi-Fi子機(無線LAN子機)を経由することで対応させることができる。

MU-MIMO バッファローの無線LANルーターの一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。