EasyMesh機能とは何か、対応機種と設定方法(バッファローの無線ルーター、中継機)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローの無線ルーター、アクセスポイント、中継機でのWi-Fi EasyMesh 機能とは何か、その特長と設定方法を説明。EasyMeshに対応しているバッファローの機種についての情報も記載。NECの一部の製品はEasyMeshに対応
TP-Link、エレコム、IODATA、ASUSの製品はEasyMeshには対応していない(2022年1月13日現在)。

バッファロー Wi-Fi EasyMesh

EasyMesh 機能とは、広いエリアを複数のWi-Fi機器で簡単にカバーする方式

  • EasyMeshとは、
    • つなぐだけで親機と中継機同士が互いに通信しあい、メッシュ(網目)状にネットワークを構築する、Wi-Fiの仕組み。
    • EasyMeshは、Wi-Fi Allianceが策定した標準規格。
    • EasyMeshに対応する製品は、メーカーを問わず、同一のメッシュネットワークに接続できる
      • 注意)あくまでも理想。メーカーを問わずつながるはずだが、それを保証している国内のメーカーは存在しない(残念)
  • EasyMeshでは、
    • ネットワークの管理を行う「コントローラ(対応のWi-Fi ルーターまたはアクセスポイント)」と
    • エージェント(Wi-Fi 中継機)」とを組み合わせて、
      • 簡単に通信エリアを広げることや、電波強度などから最適な通信経路を自動選択することが可能

EasyMeshの特長

  • かんたんにセットアップ(初期設定)ができる
    • 親機と中継機とを、有線接続 または 無線接続(WPS) すれば、自動でセットアップされる
    • その後、中継機を移動して設置すればよい。
  • 最適な通信経路を自動で選択可能
    • 通信中の経路がつながらない・遅い状態になっても、より速くつながる経路を自動で再選択して通信する
  • 高速なローミング
  • 有線でもメッシュネットワークを構築可能
  • 異なるメーカーの機器同士を接続することが可能
    • 例)NECのAtermに、バッファローの中継機を接続する等(ただし、メーカーが動作保証していない場合が多い)
    • Wi-Fi EasyMeshは、Wi-Fi Allianceが策定した標準規格。

バッファローのEasyMesh機能

バッファローの対応方針

ImpressWatch「家中どこでもつながる「EasyMesh」。バッファロー全Wi-Fi 6ルータを無償対応」

  • バッファローのメッシュWi-Fi方式には、 「EasyMesh方式」と「バッファロー独自方式」とがある
    • 「バッファロー独自方式」の「AirStation connect」シリーズのルーター・中継機は独自方式のため、互換性は無い
  • バッファローのWi-Fi対応ルーター等を、メッシュネットワークの共通規格である「Wi-Fi EasyMesh」に対応
  • 構成
    • バッファローの無線LANルーターは、「コントローラ」「エージェント」両方で使用可能
      • メッシュネットワークの中心となる「コントローラ」(ネットワーク内に1台)
      • メッシュネットワークを拡張する「エージェント」(バッファロー製品ではネットワーク内に4台まで)
    • バッファローの中継機は、「エージェント」としてのみ使用可能

バッファローの各機種の対応状況、予定 

  • 2019年以降発売のWi-Fi 6対応ルーター及び中継機の全ラインナップがファームウェアアップデートにより使用可能になる予定
    • EasyMesh対応済み(2022年1月13日現在)
      • WiFi6対応ルーター
        • WXR-6000AX12S、WXR-5950AX12
        • WXR-5700AX7S、WSR-5400AX6、WSR-5400AX6S
        • WSR-3200AX4S、WSR-1800AX4、WSR-1800AX4S、WSR-1500AX2S
      • WiFi6対応中継機 : WEX-1800AX、WEX-1800AXEA
    • 今後発売するすべてのWiFi6対応ルーター と 中継機は、EasyMesh対応予定

注意)バッファローのEasyMesh機能には、制限事項が多い

  • 各機種ごとにさまざまな制限事項がある
  •  EasyMesh関連の開発は、難航している様子(2022年1月現在)。
    • ファームウェアの更新でも、不具合が解消しない場合も多い。
    • ファームウェアのバージョン特有の制限事項も多い。

EasyMeshについての質問

    •  Wi-Fiアダプターには、SSIDが一つしか表示されません。故障ですか。
    • コントローラは、EasyMeshネットワーク内に何台設置できますか。
    • 「コントローラ」「エージェント」とは何ですか。
    • ローミングとは何ですか。
    • エージェントは、EasyMeshネットワーク内に何台接続できますか。
    • 2.4GHzのみ対応のWi-FiアダプターやWi-Fi対応家電も、EasyMeshネットワークに接続できますか。
    • コントローラとエージェントをLANケーブルで接続し、EasyMesh設定後は、LANケーブルを抜いてもよいですか。
    • Wi-FiアダプターやWi-Fi対応家電とのWPS接続に失敗します。
  • コントローラーは、SWを「AUTO」にして設定すること。また、設定後も「AUTO」のままにしておくこと。
    • 理由)SWを「MANUAL」にすると、Easy Mesh接続にはならないから。

EasyMeshの設定方法(機種ごと)

EasyMesh設定の動作確認

EasyMesh動作確認(接続機器一覧の表示)
EasyMesh動作確認(接続機器一覧の表示)
  • Wi-FiルーターとWi-Fi中継機で無線接続(WPS)設定後、
    EasyMeshで接続しているか接続していないか、を確認したい場合

EasyMeshエージェントのファームウェアを更新する方法

各メーカーのEasyMesh機能

  • バッファローのメッシュWi-Fi方式は、独自方式EasyMeshに対応
  • NECのメッシュWi-Fi方式は、独自方式とEasyMeshに対応
  • TP-LinkのメッシュWi-Fi方式は、独自方式の「OneMesh」「TP-Link Mesh」のみ。EasyMeshには未対応。
  • エレコムのメッシュWi-Fi方式は、エレコム独自方式の「e-Mesh」のみ。EasyMeshには未対応。
  • IODATAのメッシュWi-Fi方式は、IODATA独自方式のみ。EasyMeshには未対応。
  • ASUSのメッシュWi-Fi方式は、ASUS独自方式の「AiMesh」のみ。EasyMeshには未対応。
  • 参考)EasyMeshを武器に1万円前後の激戦区で戦いを挑むデュアルバンドWi-Fi 6ルーター、Linksys「E7350」

参考)802.11k、802.11r、802.11v対応

 

参考)バッファローのEasyMesh対応機種

参考)NECのEasyMesh

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。