無線ルーター(バッファロー WXR、WSR、WHR、WZR)を中継機として設定する方法、つながらない対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファロー製のWi-Fiルーター(中継機能のあるWXR、WSR、WHR、WZR シリーズ)を中継機として設定する方法の手順を説明。中継がつながらない場合 や 初めて設定する手順を説明(WCRシリーズ、WSR-300HP、WSR-1166DHPL、WSR-2533DHPL2には、中継機能がない)。

中継するとは

中継機(「中継機能があるWi-Fiルーター」を含む)の働きと仕組み

  • 距離が遠い、厚い壁があるなどの理由で、親機の電波が弱いため、PCやスマホのインターネットへの接続が不可能、不安定な場合に中継機を導入します。中継機の働きは、
    • 中継機が、親機の電波を受信して
    • 中継機が、受信した親機の電波を、強くして出すことで
    • PCやスマホに届く電波が強くなることで、安定して通信ができるようにする

中継機(「中継機能があるWi-Fiルーター」を含む)はどこに置く?

親機が出している電波を受信できなければ、中継機として動作できません。

  • 中継機の初期設定をする時は、親機のすぐそばで設定する
  • 中継機の設定完了後は、親機の電波が届く範囲内(で、端末に近い所)に置く。
    • 「中継機能があるWi-Fiルーター」の場合には、スマホなどでの受信電波サインで確認する。

中継機の設定の基本手順

  • 中継機(「中継機能があるWi-Fiルーター」を含む)が、親機と接続できるものなのかどうかを確認
    • 親機と中継機とは、接続できない組み合わせがある。それをチェックする
  • 中継機の設定方法(リンク先)に従って、設定する。
    • 動画とイラストで、確実に設定できる手順がわかる

中継機が、親機と接続できるかどうかを確認し、中継設定の手順を見る

中継機の設定方法:「WPS(AOSS)で設定」と「手動で設定」

  • 中継機の設定方法には、2種類
    • 方法1)WPS(AOSS)で設定する方法
    • 方法2)手動で設定する方法
  • 方法1)WPS(AOSS)で設定する方法
    • 親機もバッファローの製品の場合に、この方法で設定
    • WPS(AOSS)ボタンを押すだけなので、手順は簡単
    • 中継機から出るSSIDは、親機のSSIDと同じもの(親機を引き継ぐのでローミング可能)
  • 方法2)手動で設定する方法
    • 親機が他社機の場合に、この方法で設定
    • 方法1)WPS(AOSS)設定で失敗・設定できない場合にも、この方法で設定
    • 中継機から出るSSIDは、親機のSSIDとは異なるもの(親機を引き継がない)

中継機設定での注意点

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。