親機(WXR-2533DHP,WXR-2533DHP2)と中継機がつながらない、リセットされる対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

親機(WXR-2533DHP,WXR-2533DHP2)と中継機がつながらない、リセットされる場合の対処方法

親機と中継機がリセットされる(中継機の動作不安定)現象

  • 親機が、 WXR-2533DHP か WXR-2533DHP2 で かつ
  • 中継機が、WXR-2533DHP か WXR-2533DHP2 か WEX-1166DHP

の場合には、親機(中継機ではない)のFW(ファームウェア)を変更する。

  • 原因は、FW(ファームウェア)の不具合です。以下のバージョンにBUGがあるようです。
    • WXR-2533DHPのFW  Ver.1.32~Ver.1.33
    • WXR-2533DHP2のFW  Ver.1.42~Ver.1.43
  • 現象としては、中継機の「親機接続」ランプが消えてしまうらしい。
  • 親機がブリッジモード(APモード)の時に、不具合が起こる可能性が高いらしい。

参考)2018/09/12更新のファームウェアで対策された???

【変更履歴】
Ver.1.44 [2018.5.10]
【不具合修正】
・ファームウェアバージョンが1.43、または1.42において、中継接続できない問題を修正しました。

【機能追加】
・ビッグローブ株式会社の「IPv6オプション」に対応しました。
【変更履歴】
Ver.1.45 [2018.9.12]
【不具合修正】
・NTT東日本の回線でv6プラスをご利用の場合に、インターネット接続が頻繁に切断する問題を
 修正しました。

注意)新しいファームウェア(Ver.1.35とVer.1.45)が有効かどうか確認されるまで、参考までに、以下の記述を残しておきます

新しいファームウェア(Ver.1.35とVer.1.45)で改善しない場合には、ダウングレード(Ver.1.31とVer.1.41)するのも選択肢のひとつです。

 

親機と中継機がリセットされる現象の対策方法

  • 親機(中継機ではない)のFW(ファームウェア)をダウングレード。
    • 親機WXR-2533DHPのFWをVer1.31にする (Ver.1.32とVer.1.33には不具合がある)
    • 親機WXR-2533DHP2のFWをVer1.41にする (Ver.1.42とVer.1.43には不具合がある)
  • プロバイダ情報が削除されてしまうので、ダウングレードの後に再設定することが必要。
  • ファームウェアの「自動更新をしない」に必ず設定すること。

価格.comでの報告では、

親機と中継機の接続設定がリセットされてしまう件(価格.com)

FWがver1.43(2018/5月時点で最新)だと上記現象が起こる場合があるらしい(正常に動作する場合もあるらしい)。

参考)WXR-2533DHP(2)が中継機の場合の仕様に注意

中継機能の設定方法(WXR-2533DHP、WXR-2533DHP2)

  • 親機と接続した周波数帯(5GHzまたは2.4GHz)のSSID・暗号化キーのみ中継機に引き継ぐ
  • 親機との中継接続に使用しなかった周波数帯のSSID・暗号化キーは中継機には引き継がない。
    • 従って、中継接続に使用しなかった周波数帯のSSID・暗号化キーも親機と同じにする場合は、中継設定後に中継機の設定画面を開き、 手動で無線親機と同じSSID・暗号化キーを設定する必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です