nslookup 基本コマンド

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

nslookup は、名前解決が正常に行われているかを確認するコマンド(DNSサーバーが動作しているかを確認)。その使用方法を説明。

nslookup は、名前解決が正常に行われているかを確認するコマンド(DNSサーバーが動作しているかを確認)

  • PCのコマンドプロンプトで実行(スタートメニューの検索で「cmd.exe」と入力)。
  • DNSサーバーで、buffalo.jpの名前解決が動いているかを確認する時、

>nslookup buffalo.jp を実行します。

実行例

C:¥Users¥kuritaroh>nslookup buffalo.jp

サーバー: UnKnown
Address: 192.168.11.1

名前: buffalo.jp
Address: 157.7.162.86     <== DNSサーバーが動作している
C:¥Users¥kuritaroh>nslookup buffalo.jp

サーバー: UnKnown
Address: 192.168.11.1

*** buffalo.jp を見つけられません: Non-existent domain  <== DNSサーバーが動作していない

DNS request timed out が出た場合

C:¥Users¥kuritaroh>nslookup buffalo.jp
サーバー: UnKnown Address: 192.168.11.1

DNS request timed out

この場合には、 >nslookup  -timeout=20 buffalo.jp を実行する。タイムアウト時間が20秒になり、正常な応答が返ってくる(-timeout を設定しないと、2秒)。

DNSサーバーを変更する場合(コマンドライン・モードで指定する)

C:¥Users¥kuritaroh>nslookup
既定のサーバー: UnKnown
Address: 192.168.0.1
> server 8.8.8.8       <== DNSサーバーを[dns.google]に変更(一時的に)
既定のサーバー: dns.google
Address: 8.8.8.8
> buffalo.jp         <== 調べるURLを入力
サーバー: dns.google
Address: 8.8.8.8
権限のない回答:
名前: buffalo.jp
Address: 157.7.162.86     <== DNSサーバーが[dns.google]で、動作している
> exit
C:¥Users¥kuritaroh>

 

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。