バッファローの無線LAN子機(WI-、WLI-)がつながらない。対策と解決・設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

PCのUSB端子に接続する無線LAN子機(WI-U2、WI-U3、WLI-)の初期設定、つながらない場合の対策と設定方法。無線LAN子機は、Wi-Fiアダプターとも呼ぶ。(WI-U3-866DS、WI-U2-433DHP、WI-U2-433DMS、WI-U2-300DS、WLI-UC-GNM2、WLI-UTX-AG300)ドライバーのダウンロード(子機インストールCD)も説明。
WiFi6(11ax)対応の無線LAN子機は、バッファローにはない(11ac対応まで。2021年8月3日現在)。

無線LAN子機(WI-U2、WI-U3、WLI-)の設定

無線LAN子機(WiFiアダプター)とは

  • 以下の構成で使用します。パソコン(PC、Mac等)のUSB端子に接続することで、無線LAN通信を可能にします。

【無線ルーター】))))) (無線LAN子機)【(USB端子)パソコン】

無線LAN子機の一覧

無線LAN子機(USB)の初期設定なら

無線LAN子機(USB)のトラブルを解決するなら

  • 次の2つの手順で行なう。
    1. 無線LAN子機のUSBの仕様を確認 (型番で判別する。 -U2- ならUSB2.0対応)
      1. USB2.0対応 か USB3.0対応か
        • 例)WI-U2-433DMSは、USB2.0対応。つまり、USB3.0端子に接続しても動作しない
        • 例)WI-U3-866DSは、USB2.0/3.0対応。つまり、どちらの端子に接続しても動作可能
      2. 無線LAN子機が、正しいUSB端子に正常に接続されているか確認。
    2. PCのドライバをアンインストールして、もう一度インストールる。

1.まず、無線LAN子機のUSB端子との接触が正常か、確認

2-1.ドライバのアンインストールの方法

以下の2つの方法のいずれかでPCからアンインストールする。

  • 方法1)デバイスマネージャーから行なう
    • コントロールパネルから「デバイスマネージャー」を表示。(表示方法:win10の場合win8,7,Vista,XPの場合
    • 「ネットワークアダプター」をクリックして広げて
    • 無線LAN子機(WI- とか WLI- )が表示されたら、右クリックして「アンインストール」(または「削除」)クリック
  • 方法2)デバイスドライバからアンインストール(削除)する。
    •  [かんたんスタート]のダイアログ下部の「オプション」ボタンクリックして
    • 「アンインストールする(削除する)」をクリック

2-2.最新ドライバの再インストールの方法

その他(Windows10での注意事項)

  • PCがWindows10の場合には、Windows10特有の不具合がある場合があるので注意。
    • USB2.0端子とUSB3.0端子がある場合、どちらに無線LAN子機が入っているか注意
    • 無線LAN子機を、USB端子に接続するタイミングに注意。
      • 最初からは挿さずに、「エアステーション無線子機を取り付ける」が表示された時に挿入するように。
      • 理由)
        • 最初からUSB端子に挿しておくと、Windows標準のMicrosoftのドライバがインストールされる(これでもOKかもしれない)
        • 指示通りのタイミングでUSB端子に挿すと、バッファローのドライバがインストールされるため(こっちが確実)
  • WPA3 Personalに対応したドライバに更新(2021年5月20日)
    • WPA3 Personalは、Windows10 バージョン1903以降に対応

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。