IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)に対応したバッファローの無線LANルーター、ハブ、USB有線LANアダプタ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IEEE802.11ax(アイトリプルイー はちまるにてんいちいち エイエックス)とは何か。IEEE802.11axに対応した無線ルーターやアクセスポイント(バッファロー)には、何があるか。

2019年、2020年の新しい無線規格:2つの方向性

  • 新しい無線規格には2つの方向性がある。セキュリティーとスピードである。
    • セキュリティー面での新規格 : WPA3 (WPA2 よりも堅固)
    • スピード面での新規格 : IEEE802.11ax(別名 Wi-Fi 6) (Wi-Fi5 よりも高速)

IEEE802.11axとは何か

IEEE802.11ax(別名 Wi-Fi 6)とは「無線の高速化・混雑解消のための、新しい規格」である、と理解しておけばいい。詳細は、以下のリンクを参照してください。

IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)に対応した無線ルーターやアクセスポイント

Wi-Fi 6対応ルーター(WXR-6000AX12S、WXR-5950AX12、WXR-5700AX7S、WSR-5400AX6S、WSR-3200AX4S、WSR-1800AX4S、WSR-1500AX2S)比較と設定方法(バッファロー)

LXW-10G2/2G4(10GBASE-T、5GBASE-T、2.5GBASE-T対応の6ポートスイッチングハブ)の特徴、設定方法(バッファロー)

LXW-2G5(2.5GBASE-T対応の5ポートスイッチングハブ)の特徴、設定方法(バッファロー)

LUA-U3-A2G、LUA-U3-A2G/C(バッファローのUSB LANアダプター。2.5GBASE-T対応)の設定方法

参考)WPA3 対応

WPA3に対応した法人向け無線LANアクセスポイント、個人向け無線LANルーター、中継機(バッファロー)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。