TP-Linkの無線ルーターで保護者による制限(サイトを制限、子どもが深夜にネットできない等)の設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

TP-Linkの無線ルーターで保護者による制限(ペアレンタルコントロール)の設定方法を説明。ルーター設定画面での設定、Tetherアプリでの設定の2通りの設定方法を説明。
特定の端末(例:スマホやゲーム機、PCなど)を指定して、特定のサイト制限、子どものネット利用時間の制限が可能。もちろん、親の使用するパソコンやスマホなどはいつでもネットを使用できる。

ペアレンタルコントロールの概要

  • ネットワークを常時接続していると、子どものネットの使いすぎが心配になるが、キッズタイマー機能を使えば、時間帯によるアクセス制限をかけることができる。
  • 端末を指定してネット利用できる時間を設定するだけなので、制限のかかっていない親のパソコン等は自由に使える。
  • キッズタイマーの対象は、端末すべて(MACアドレスで指定)。
    • 有線(LANケーブル)で接続している端末も、対象。

「保護者による制限」の設定方法

機種によって、設定方法には2つある。(Tetherアプリから設定 と 設定画面から設定)

1)Tetherアプリからの設定方法

Tetherアプリについて

Tetherアプリでの操作方法

  • TP-Linkルーターにログインする

Tetherアプリにログイン(TP-Link)

  • 画面右下の「ツール」ボタンをタップ

Tetherアプリのツール(TP-Link)

  • メニューから「保護者による制限」をタップ

Tetherアプリの保護者による制限(TP-Link)

  • 「保護者による制限」をONにして、
    • 「子供」で、対象となる端末を選択して
    • 「スケジュールで設定できます」で、スケジュールを設定して
    • 「許可されているウェブサイト」で、アドレスを入力してフィルタリング設定する

Tetherアプリの保護者による制限を設定(TP-Link)

  • これで、設定完了

 

2)設定画面からの設定方法(機種により2方法)

「保護者による制限」のルーター設定画面例

ちなみにonuのランプはUNI以外すべて点灯しています。

 

参考)バッファローの無線ルーターの場合

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。