中継機がつながらない対策(中継機の設定画面は見えるが、設定できない)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

中継機が設定完了できない(つながらない)時の対策

 以下の4条件が成立する場合のみ に有効な対策です。

  1. 中継機の設定画面が、端末から見える
    • つまり中継機と端末(PCやスマホ)とが、WiFiまたは有線でつながっている
  2. しかし中継機の設定を完了しても、中継機が正常動作しない
  3. 親機がMACアクセス制限をしていない
  4. 中継設定後に、中継機に接続した端末(PCやスマホ)のIPアドレスが(169.254.*.*)の場合

構成例)

【親機】))) 【バッファロー中継機】— PC(有線)

【親機】))) 【バッファロー中継機】))) PC(無線)やスマホ

対策方法(設定画面のLAN「拡張設定」を変更)

  •  中継機の「詳細設定」の[LAN]-[LAN]で
    • LAN側IPアドレス(親機と同じセグメントにする)とサブネットマスク を設定
      • 親機に、DHCPサーバー機能がない場合には必須
    • 「拡張設定」: 「表示する」チェックonして
    • 「デフォルトゲートウェイ」と「DNS」を設定
      • 上位ルーター(親機)での設定と同じ内容を入力する

参考

上位ルーター(親機)のDHCPサーバー機能 と 中継機 との連携がうまくいっていない場合に、有効であるかもしれない対策です(上位ルーターのDHCPサーバー機能がOFFの場合には有効なはず。 問題が解決されることがあっても、悪い方向にいくことはありませんので、試す価値あり)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です