プリントサーバー(バッファロー LPV4-U2-300S)とは何か、つながらない対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

プリントサーバー(LPV4-U2-300S)とは何か、概要がわかる説明。

プリントサーバー(LPV4-U2-300S)とはコレだ! とわかるために

プリントサーバーの構成

  • PCのUSB端子に接続したプリンターが基本。(プリントサーバーは、なし)

【PC】—(USB)—【プリンター】

  • PCとプリンターとの間に、LAN(有線や無線)を使用して、プリントサーバーが入った構成が基本。

【PC】——【プリントサーバー】—(USB)—【プリンター】

  • PCが無線ルーターやハブに繋がっていれば、複数のPCで使用できる

【複数のPC】))) 無線ルーター )))【プリントサーバー】—(USB)—【プリンター】

【複数のPC】))) 無線ルーター —【プリントサーバー】—(USB)—【プリンター】

【複数のPC】— ハブ —【プリントサーバー】—(USB)—【プリンター】

プリントサーバーの考え方 (データをカプセル化しているだけ)

  • したがって、考え方としては
    • PCからのデータの出力が、USB端子からLAN端子に変わり、
    • PCからのデータ自体は、「USBに流れていたデータ」をLANのTCPパケットに入れただけ
  • プリントサーバーの仕事は、
    • PCから受信したLANのパケットの中身から、「USBに流れていたデータ」を取り出して
    • 配下のプリンタに渡しているだけ    なんです。

ユーティリティは、2つ(ユーティリティーの位置付けは、理解しておこう)

  • クイックセットアップLPV4プリント): 初期設定時に使用(PCにインストールして起動)
  • デバイスサーバー設定ツール :
    • プリントサーバーのIPアドレスを設定
    • インクの残量チェックをパソコンから行ったり、複合機能搭載プリンターにてスキャナー機能を使用する場合にも使用。

プリントサーバーの設定手順

手順1)ユーティリティー(LPV4プリント、デバイスサーバー設定ツール)をダウンロードする

手順2)プリントサーバーに必要な設定は

  • プリントサーバーのIPアドレスを設定すること
    • デフォルトは、DHCP自動取得。 初期設定時の固定的なIPアドレスは存在しない。
    • 固定IPアドレスを設定 or DHCPを使用してIPアドレスを自動取得
    • 複数のPCで使用する場合には、固定IPアドレスに設定しておくのがよい。
  • IPアドレスの設定方法には2つの方法がある。お奨めは方法1)
    • 方法1)デバイスサーバー設定ツールを起動して設定する
    •  方法2)プリントサーバーの設定画面から設定
      • デフォルトの固定IPアドレスはないのでやっかい。(デフォルトは、DHCP自動取得)
      • PCから「arp -a」で、プリントサーバーのMACアドレスからIPアドレスを知る
      • 最悪の場合、プリントサーバーをどことも接続せずRESETして、PCを169.254.1.1(255.255.0.0)固定にして「arp -a」でIPアドレスを知る

手順3)PCで必要な設定は

  • プリンタドライバは事前にインストールされていること
  • プリンタポートの追加をすること (つまり、印刷用のデーターを、LAN側に送信すること)
    • クイックセットアップ(LPV4プリント)で行なう

参考

  • 参考)ちなみに、LPVマネージャでプリンタに接続すると、USB仮想プリンタが作成されます。LPVマネージャで接続しない場合には、USB仮想プリンタは作成されない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です