プリントサーバー(バッファロー LPV4-U2-300S)が動かない、つながらない対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

プリントサーバー(LPV4-U2-300S)のシステム構成

  • PCのUSB端子に接続したプリンターが基本。(プリントサーバーは、なし)

【PC】—(USB)—【プリンター】

  • PCとプリンターとの間に、LAN(有線や無線)を使用して、プリントサーバーが入った構成が基本。

【PC】——【プリントサーバー】—(USB)—【プリンター】

  • PCが無線ルーターやハブに繋がっていれば、複数のPCで使用できる

【複数のPC】))) 無線ルーター )))【プリントサーバー】—(USB)—【プリンター】

【複数のPC】))) 無線ルーター —【プリントサーバー】—(USB)—【プリンター】

【複数のPC】— ハブ —【プリントサーバー】—(USB)—【プリンター】

プリントサーバー設置・設定手順

  1. PCにプリンタドライバをインストール(印刷するPCすべてに、インストール必要。プリンタメーカーの責任)
  2. 無線か有線で、プリントサーバーとASとを接続する(DHCP または 固定IP設定)。
  3. ユーティリティ(「LPV4-U2-300Sユーティリティー」など)をダウンロードしてexeダブルクリックで解凍すると、起動する。あとは「設置・初期設定ガイド」に従って設定。

方針)動かない場合には、2つの面からチェック

  1. PCでインターネットできるか?
  2. PCとプリントサーバーとが、同じネットワーク(LAN)につながっているか?

具体的なチェック方法

(1)PCでインターネットできるか?

同じ親機ルーターにつながっているPCでインターネットできなきゃ、ルーターの設定がおかしいのでそっちを調査。

(2)PCとプリントサーバーとが、同じネットワーク(LAN)につながっているか?
  • PCのコマンドプロンプトで、 >arp -a して確認する。
  • プリントサーバーのIPアドレスかMACアドレス(物理アドレス)が存在すれば、
    • → プリントサーバーは正常動作。PC側の設定がおかしいので、プリンタメーカーに相談する(プリンタドライバがインストールされていない可能性がある)。
  • プリントサーバーのIPアドレスかMACアドレス(物理アドレス)が存在しない場合には、

ルーターの守備範囲

  • PCとプリントサーバーとが同じLANにつながっているなら、ルーターとプリントサーバーは正常動作している。
    • ルーターの守備範囲の動作は完了。あとは、プリンターメーカー側の責任範囲。

おまけ)プリントサーバーの3つの動作原理と設定方法

(1)PCとプリントサーバーとが、同じネットワーク(LAN)につながっていること。

設定は、DHCP または RESETして固定IPアドレス設定

(2)PC側でプリンターポートの設定ができていること。(プリンタメーカーの責任)

プリンタポートが、印刷データ出力を、ネットワークに(USBではなくて)指定

次の2つの方法のいずれかで設定する。

「ユーティリティ(「LPV4-U2-300Sユーティリティー」など)」で設定。

・PCで「コントロールパネル」「ハードウェアとサウンド」「デバイスの追加」で設定。

(3)PC側で、プリンタドライバがインストールされていること。(プリンタメーカーの責任)

参考)

プリントサーバー LPV4-U2-300S の設定 – IPアドレス確認と変更方法

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です