マルチセッション機能とは何か。ルーター対応機種と設定方法。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

マルチセッション機能とは

2つ以上のプロバイダーに同時に接続する機能を「マルチセッション機能」という。

使用例としては、

ゲーム機はOCN経由で接続するが、PCやスマホなどはPlala経由で接続したい場合など。

  • 「接続先の編集」で、PPPoE接続先を複数登録しておく。
  • 「接続先経路の編集」で、LAN内の特定端末(IPアドレスで指定)とPPPoE接続先とをひもづける か 特定の宛先とPPPoE接続先とをひもづける
    • 例)PC(IPアドレスが192.168.11.10)からは、「PPPoE接続先」をOCNに設定する
    • 例)宛先アドレス(12.34.56.78)へのアクセスは、「PPPoE接続先」をOCNに設定する

マルチセッション機能の設定方法と注意点

  • 設定方法
  • 注意点
    • UPnP機能を使用するパソコンは、「デフォルトの接続先」を使用するように設定してください。無線親機のUPnP機能は、「デフォルトの接続先」にのみ有効です。
    • DNSアドレスの設定が必要な接続先を「デフォルトの接続先」にしてください。無線親機では、「デフォルトの接続先」のみDNSアドレスを手動設定できます。

マルチセッション機能に対応している機種は、以下を参照

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です