10m離れた建物(母屋おもやと離れなど2地点)を無線LANでつなぐ具体例と考え方(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

10m程度離れた建物(2地点)を無線LANでつなぐ具体例と考え方を記述。同じ敷地内にある、母屋と離れとの無線通信を想定する。

複数の候補案を示す。屋内用の法人向け無線LANアクセスポイント(WAPM、WAPS)を使用することを検討する。

前提条件2つ

  • 複数の法人向け無線LANアクセスポイント(以下、「法人AP」と記す)の間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信する。
    • 個人向けルーターや中継機は使用しない(個人向けは、屋内使用が前提)
    • 理由)法人APの電波を、個人向け中継機を使用して中継することは、動作保証外
  • 法人AP標準添付のアンテナを使用する(法人APに外部アンテナを接続することは考えない)
    • 理由)10m程度なら、電波が届く距離である(機種に依るが、最大約20m~100mくらい届く)。

土地や使用形態の前提条件

  • 建物(母屋X、離れA)間の距離は10m程度。
  • 母屋XにNTTのモデム(または ONU)がある。
  • 母屋X、離れAで、無線子機(PCやスマホなど)でインターネットを見る。

想定する内容

  • 法人向け無線LANアクセスポイント(以下、「法人AP」と記す)は、以下を使用
    • 屋内設置用の法人AP WAPM-1266R(¥39,800): 標準アンテナあり(別売りの屋外アンテナもある)
    • 屋内設置用 WAPS-1266(¥19,800): アンテナ内蔵
  • 母屋Xと離れAに設置する法人AP間には、壁や窓があるが、無線は法人AP間で届くと想定する。
  • 法人APに外部アンテナを接続する場合には、
    • 屋内設置用の法人APでも使用可能(WAPM-1266R(¥39,800)など)
  • 母屋Xには、法人APの上位にルーターを設置。
    • 有線ルーターBHR-4GRV2(¥7,200)でよい。個人向けの無線LANルーター(WSR-2533DHP3など)でもよい。
  • 離れAで、有線LANが必要なら、ハブを設置。
    • ハブは、LSW4-GT-5EPL(¥2,550)など何でもよい

法人APを使用する場合の注意点

構成案は2つ

  • 案1)母屋Xに法人APを設置。離れAには法人APを設置しない。
  • 案2)母屋Xに法人APを設置。離れAには法人APを設置。
案 \ 場所 母屋X 離れA WAPS-
1266
届く距離
WAPM-
1266R
届く距離
案1 法人AP X 40m弱 100m弱
案2 法人AP 法人AP 40m 100m

提案としては、 案1)で先ず試して、電波が届かないようなら 案2)を試す のがお勧めです。

 

案1)法人APを母屋に1台設置

  • 母屋Xには、屋内にWAPS-1266(またはWAPM-1266R)を設置
  • 離れAには、法人APは設置せず、子機(PC、スマホやプリンタなど)のみを置く。

母屋X 【Modem】—【BHR-4GRV2】—【BIJ-POE-1P/HG】—【WAPS-1266】 (PoE使用時)
母屋X 【Modem】—【BHR-4GRV2】——【WAPS-1266】 (ACアダプタ使用時)

離れA  無線子機(PCやスマホ)のみ

考察)
  • WAPS-1266は、標準アンテナで約40m電波が届く。
  • 従って電波環境が良ければ、リピーター機能を使用しないで、離れAの子機まで電波が届く可能性がある。
  • 有線ルーターBHR-4GRV2(¥7,200)の代わりに、個人向けの無線LANルーター(WSR-2533DHP3など)でもよい。
必要な機器)母屋Xのみでよい。機器により、3通り。
    • 母屋Xで必要な製品は、3種類(ACアダプタ使用) (合計 ¥31,800)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-1266
¥19,800 1 ¥19,800
ACアダプター
WLE-OP-AC12C
¥4,800 1 ¥15,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200

 

 

 

 

 

 

    • 母屋Xで必要な製品は、3種類(インジェクター使用)  (合計 ¥42,800)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-1266
¥19,800 1 ¥19,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/HG
¥15,800 1 ¥15,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200

 

 

 

 

 

 

    • 母屋Xで必要な製品は、3種類(WAPM-1266R、ACアダプタ使用)  (合計 ¥51,800)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPM-1266R
¥39,800 1 ¥39,800
ACアダプター
WLE-OP-AC12C
¥4,800 1 ¥4,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200

 

 

 

 

 

 

 

案2)法人APを母屋Xと離れAに設置

  • 母屋Xには、屋内にWAPS-1266(またはWAPM-1266R)を設置
  • 離れAには、屋内にWAPS-1266(またはWAPM-1266R)を設置 (有線PCあり)
  • 母屋Xと離れAとの間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信

母屋X 【Modem】—【BHR-4GRV2】——【WAPS-1266】 (ACアダプタ使用時)

離れA  PC —【ハブ】——【WAPS-1266】 (有線PCある場合)

考察)
  • 母屋Xと離れAとは、法人APのリピーター機能(WDS)でつなぐ
  • 離れAの無線子機(PCやスマホなど)は、離れAの法人APと通信する
  • 有線ルーターBHR-4GRV2(¥7,200)の代わりに、個人向けの無線LANルーター(WSR-2533DHP3など)でもよい。
必要な機器)母屋Xと離れAに設置。
    • 母屋Xで必要な製品は、3種類 (合計 ¥31,800)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-1266
¥19,800 1 ¥19,800
ACアダプター
WLE-OP-AC12C
¥4,800 1 ¥4,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200

 

 

 

 

 

 

 

    • 離れAで必要な製品は、3種類 (合計 ¥27,150)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-1266
¥19,800 1 ¥19,800
ACアダプター
WLE-OP-AC12C
¥4,800 1 ¥4,800
ハブ
LSW4-GT-5EPL
¥2,550 1 ¥2,550

 

 

 

 

 

 

参考1)離れた建物を無線ネットワークでつなぐ方法の基本例

 

参考2)数m~50m離れた建物(3地点)を無線LANでつなぐなら、以下を参照

参考3)遠く離れた建物(3地点)を無線ネットワークでつなぐ方法

参考)リピーター機能

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。