WSR-2533DHPはSWをMANUALモードにする(AUTOモードだと1分で通信が切れる場合がある)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

WSR-2533DHPのファームウェアの不具合。スイッチがAUTOでルーターモードの場合(MANUALなら大丈夫)、LAN側DHCPサーバーリース期間が1分になってしまう。端末によっては、一度インターネットにつながるが、すぐに切れてしまう現象が起こる可能性がある。理由と対策方法を説明。

不具合の現象)

現象1)端末がPCならば、大きな問題が発生するとは考えにくい。端末が多いとスピードが遅くなる可能性ある、くらい。

  • 考察1) <※ 以下は、筆者の推測・意見に過ぎない>
    • DHCPリース期間(1分)を越えたとき、PCなどの端末(DHCPクライアント)がまだ接続状態である場合、ルーター(DHCPサーバー)に対してリース期限の更新の要求を行う。リース期限を過ぎてもDHCPクライアントが存在する場合は、DHCPクライアントはDHCPサーバーと対話して「IPアドレスの貸し出しの延長」を要求する。
    • つまり、本来なら発生しないはずの「IPアドレスの貸し出しの延長」パケットが1分ごとに発生する(端末の台数分)。
      • 端末の台数が多いと、無駄に発生したパケットとの衝突が起こり、通信スピードが少し遅くなる可能性あり。
      • しかし、まっ、PCの場合には、たいした影響ではないと言える。
      • 参考)一般のルーターのDHCPリース期間は、通常、48時間 くらい。
  •  条件)
    • SWが、AUTOになっている  かつ
    • ルーターモードで動作(ROUTERランプが点灯の場合)
  •  原因)
    • LAN側DHCPサーバーリース期間が1分として動作してしまう

現象2)端末によっては、1分間でインターネットにつながらなくなる

  • 考察2) <※ 以下は、筆者の推測・意見に過ぎない>
    • DHCPリース期間が過ぎても「IPアドレスの貸し出しの延長」を要求しない端末だとすると(PS3など)、端末のIPアドレスがルーターで無効となり、インターネットが切断される。従って、DHCPリース期間(1分)を過ぎるとその端末はインターネットにつながらなくなる。端末の電源をOFF/ONすると、また1分間だけインターネットにつながる。1分経つと、切断される。
  •  条件)
    • SWが、AUTOになっている  かつ
    • ルーターモードで動作(ROUTERランプが点灯の場合)
  • 原因)
    • LAN側DHCPサーバーリース期間が1分として動作してしまう、のが原因
    • DHCPリース期間が過ぎても「IPアドレスの貸し出しの延長」を要求しない端末である場合に発生

不具合の原因)DHCPサーバーリース期間が1分として動作してしまう

【変更履歴】
Ver.1.05 [2018.12.13]
・本製品がAutoモードでルーターとして動作している場合、LAN設定画面のDHCPサーバーリース期間の
 設定値に関わらず、リース期間を必ず1分として動作する問題を修正しました。

暫定対策)SWをMANUAL/ROUTERにする

  • SWを[MANUAL][ROUTER]位置に設定する。
    • (ASがルーターモード かつ SWがAUTOの場合にのみ発生する現象なので、これで大丈夫)

恒久対策)ファームウェアVer.1.05以降に更新する

  1. 端末をインターネットにつなげる(つながらない場合には、ルーターをOFFして10秒後にONして、端末をつなげる)。
  2.  ファームウェアをVer.1.05以降に更新する。
  3. インターネット接続可能となる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。