バッファロー無線ルーターのPOWERランプが点滅(橙)またはDIAGランプが5回点滅(赤)の場合の対策:AP(ブリッジ)モードにする

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローの無線ルーター(X)のPOWERランプが点滅(橙)しているか、またはDIAGランプが5回点滅(赤)している場合の対策を説明。

POWERランプ、DIAGランプが点滅(橙)の対策方法

上位にバッファローのルーター(Y)がある可能性が非常に高いです。ルーター(Y)とルーター(X)とが同じIPアドレスセグメントになっています。
その場合には、2つの解決方法があります。
1)その無線ルーター(X)をブリッジモード(アクセスポイントモード、APモード)に設定するとインターネットにつながります。
2)または、無線ルーター(X)をルーターモードにして(ダブルルーター、2重ルーター)、LAN側IPアドレスを変更するとインターネットにつながります。

ブリッジモード(アクセスポイントモード、APモード)に設定する方法

  1. 無線ルーター(AS)をブリッジモード(アクセスポイントモード、APモード)にする
    1. ASの電源をOFF
    2. ASの外部SWを、「MANUAL/AP」or「BRIDGE」or「AP」or「OFF」にする
      • SWを「MANUAL」「AP」にする : 「MANUAL/AUTO」「ROUTER/AP/WB」の場合
      • SWを「BRIDGE」にする : 「AUTO/ROUTER/BRIDGE」の場合
      • SWを「AP」にする : 「ROUTER/AP」の場合 (例:WSR-1166DHPL2
      • SWを「OFF」にする : 「ON/OFF/AUTO」の場合
    3. 電源ONにして、ASの前面のランプが安定するまで待つ(「Internet」ランプが点かなくても大丈夫)
      • これで解決する場合が多いです。
    4. これでダメなら、 ASの電源ONのままで、RESETボタンを3秒間長押しする(これで初期化される)
  2. 端末(PCやスマホやタブレットなど)を、有線か無線で接続すると、インターネットにつながる

ルータ―モードに設定して、LAN側IPアドレスを変更する方法

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。