iOS14、iPadOS14にアップデートしたらWi-Fiが「安全性の低いセキュリティ」と表示される原因と対策(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7にアップデートしたら、「安全性の低いセキュリティ WPA/WPA2 (TKIP)は安全性が低いとされています。 これが自分のWi-Fiネットワークの場合は、WPA2(AES)またはWPA3を使用するようにルーターを構成してください。」が表示されて、Wi-Fiにつながらなくなった場合の対策を説明。該当する機器としては、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch がある。

iOS14(iPadOS14、watchOS7)にアップデートしたら、メッセージが表示されて、Wi-Fiにつながらない現象

現象)OSをアップデートしたら、次のような注意喚起のメッセージが表示される

安全性の低いセキュリティ
WPA/WPA2 (TKIP)は安全性が低いとされています。
これが自分のWi-Fiネットワークの場合は、WPA2(AES)またはWPA3を使用するように
ルーターを構成してください。

Apple社の告知(安全性が低いというメッセージ と プライベートアドレス)

メッセージが表示される現象の 背景と原因

背景(事情)と原因

  • 背景1)バッファローの無線ルーターの「AOSSボタン」での無線接続の仕様
    • バッファローの無線ルーターの「AOSSボタン」を押して、端末(iPhoneやiPadなど)や中継機を無線接続すると、無線の認証方法(「WPA/WPA2 mixed mode – PSK」)が使用される。
        • バッファローの「WPA/WPA2 mixed mode – PSK」は、「WPA/WPA2 (TKIP)」を使って実現している
    • 「AOSSボタン」を押して無線接続設定する場面は、以下の3 通りがある
        • バッファローの無線ルーター と 端末 とをAOSSで無線接続した場合 → 現象1)
        • バッファローの無線ルーター(親機) と 中継機 とをAOSSで無線接続した場合 → 現象2)
        • 無線引っ越し機能で、旧ルーター と 新ルーター とをAOSSで無線接続した場合 → 現象3)
  • 背景2)iOS14から安全性判断の基準が変更になった
    • iOS14(iPadOS 14、watchOS 7)から、無線の認証方法(「WPA/WPA2 (TKIP)」)は安全性の低い認証方法であると判断するようになった(iOS13までは、判断していなかったので大丈夫だった)
        • バッファローの「WPA/WPA2 mixed mode – PSK」は、「WPA/WPA2 (TKIP)」を使って実現している
    • そのため、無線ルーターが、無線の認証方法(「WPA/WPA2 mixed mode – PSK」)を使用していると、iOS14(iPadOS 14、watchOS 7)が「注意喚起のメッセージ」を表示するようになった。

現象が再現する条件

  • 上記の背景1)と背景2)が重なると、「注意喚起のメッセージ」が表示される。現象としては、以下の3通り(推測です)。
  • 現象1)AOSSボタンで無線設定した無線ルーターに、iOS14にOSをアップデートした端末(iPhone等)を接続すると、現象が再現する
    • AOSSボタンで、端末と無線接続したことがある親機に、iOS14のiPhoneを無線接続しようとすると、現象が再現する
      • (PCやAndroid端末と、AOSSボタンで無線接続した親機の場合でも、この現象が再現する)
  • 現象2)中継機に無線接続しようとした端末(iPhone等)でも、OSがiOS14だと、現象が再現する。
    • AOSSボタンで、親機と中継設定した中継機(バッファローの無線ルーター)に、iOS14のiPhoneを無線接続しようとすると、現象が再現する
      • (この場合、親機と端末との間では、この現象は起こらず、正常に無線接続できる)
  • 現象3)現象が再現するかどうか、不明

対策(iOS側):バグ修正版(iOS14.0.1)にアップデートする(効果は未確認

対策(無線ルーター側):「WPA2-PSK/AES」に変更する (効果確認済み)

  • 現象1)への対策 (端末をAOSS接続の場合)
  • 現象2)への対策 (中継機をAOSS接続の場合)
    • 中継機をRESETして、再度、中継の手動設定を行う(AOSS設定をしてはいけない)
      • 中継の手動設定では、無線の認証方法を「WPA2-PSK/AES」に変更する
  • 現象3)への対策 (引越し機能を実行した新ルーターの場合)
    • 新ルーターをRESETして、無線引越し機能を実行せずに、ゼロから再設定すれば解決できるはず。
      • 端末側も、新ルーターのSSIDと暗号化キー(パスワード)で無線接続しなおせばよい
      • (新ルーターの設定変更で可能かもしれないが、詳細は不明)

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。