離れた建物を無線LANでつなぐ具体例と考え方(300坪敷地内の自宅1棟と離れ2棟:3地点)(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

300坪の土地にある自宅1棟と離れ2棟(全部で3地点)を無線LANで接続する方法について、複数の候補案を示す。通信距離の短い順に、法人向け無線LANアクセスポイント(WAPM、WAPS)、同軸ケーブル、外部アンテナ(屋外)を使用するかどうか、を検討する例を説明。

300坪の土地であれば、以下の候補案のうち案3)までの検討で、実現できる可能性が高い。案1)をやってみて、だめなら案2)を。さらにだめなら案3)と実施できる。

案4)案5)は、300m~2km離れた建物の場合に適用可能。

前提条件3つ

  • 複数の法人向け無線LANアクセスポイント(以下、「法人AP」と記す)の間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信する。
    • 個人向けルーターや中継機は使用しない
      • 理由)屋外での使用、屋外経由での使用は動作保証外だから。
    • 法人APの電波を、個人向け中継機を使用して中継することは、動作保証外
  • 法人APに標準添付のアンテナだと電波が届く距離は短い(機種に依る。最大約40m~100mくらい)。
  • 法人APに外部アンテナを接続する(標準添付のアンテナをはずす)と、500m、1km、2km 、3km などの長距離で通信可能となる。

土地や使用形態の前提条件

  • 土地300坪(3.3平方mx300)は、縦33m x 横30m(対角線で44m)。
  • 建物間の最大距離は約40m。
  • 自宅X、離れA、離れBで、無線子機(PCやスマホなど)でインターネットを見る。
  • 自宅Xにモデム(または ONUやホームゲートウェイ)がある。離れAの方が、離れBよりも自宅Xに近い。

想定する内容

  • 法人向け無線LANアクセスポイント(以下、「法人AP」と記す)は、
    • WAPS-300WDP(¥49,800)または WAPM-1266WDPR(¥69,800)を使用し、屋外(壁など)に設置。
      • 自宅Xと離れAに設置する法人AP間に障害物がなく、見通せる。
      • 自宅Xと離れBに設置する法人AP間に障害物がなく、見通せる。
      • WAPS-300WDPの実勢価格は、¥42,000(価格.com)WAPM-12660WDPRの実勢価格は、¥77,200(価格.com
  • 法人APに外部アンテナを接続する場合には、
    • 屋内設置用の法人APでも使用可能(WAPM-1266R(¥39,800)など)。実勢価格は、¥29,000(価格.com
      • 理由)屋内の法人AP と 屋外の外部アンテナ とを同軸ケーブルで接続するため。
    • 参考)屋内用WAPS-1266(¥19,800)は、アンテナ内蔵。WAPS-1266の実勢価格は、¥16,000(価格.com
  • 法人APに外部アンテナを接続する場合には、
    •  屋内の無線子機との通信をするために別途WiFiルーター(個人向けルーターで良い)を設置。
      •  理由)外部アンテナを接続するので、屋内の無線子機に電波が届かない可能性があるため。
  • 自宅Xには、法人APの上位にルーターを設置。
    • 有線ルーターBHR-4GRV2(¥7,200)でよい。個人向けの無線LANルーター(WSR-2533DHP3など)でもよい。(端末台数が少ない場合)
    • 端末の台数(本店Xと支店Aの合計、または 本店Xと支店Bの合計)が多い場合には、高性能なルーターが必要となる
  • 離れA、Bで、有線LANが必要なら、ハブを設置。
    • ハブは、LSW4-GT-5EPL(¥2,550)など何でもよい

法人APを使用する場合の注意点

法人APに外部アンテナを接続する場合の注意点

  • 同軸ケーブル
    • 法人APと外部アンテナとを結ぶ同軸ケーブルは2本必要
      • 理由)1本だと、動作保証外のため。
    • 法人APと接続する外部アンテナに無指向性アンテナWLE-HG-NDCを使用する場合、
      • 法人APが、WAPS-300WDPまたはWAPM-1266WDPRの場合には
        • 同軸ケーブルは20mWLE-CC20(¥42,000)を使用する
        • 理由)5mや10mでは、出力が強くなりすぎて電波法違反になるため。
  • 外部アンテナの台数
    • 法人APに外部アンテナを接続する場合には、法人APのアンテナ端子2つとも接続する必要あり(理由:1つでは動作保証外)。
    • 広指向性の外部アンテナWLE-HG-DA/AGは、1台につきアンテナ端子が2個。従って、1台で良いです。
    • 無指向性アンテナWLE-HG-NDCは、1台につきアンテナ端子が1個。従って2台が必要。
  • 同軸変換コネクタ
  • 外部アンテナの取付金具
  • 参考ページ)

簡単な構成から、複雑な構成までの案5つ

  • 案1)自宅Xに法人APを設置。離れA・離れBには法人APを設置しない。
  • 案2)自宅Xに法人APを設置。離れBに、法人APを設置。
  • 案3)自宅Xに法人APを設置。離れA・離れBに、法人APを設置。
  • 案4)自宅Xに法人AP+外部アンテナを設置。離れA・離れBに、法人APを設置。
  • 案5)自宅X・離れA・離れBに、法人AP+外部アンテナを設置。

 

案 \ 場所 自宅X 離れA 離れB WAPS-
300WDP
届く距離
WAPM-
1266WDPR
届く距離
案1 法人AP なし なし 40m弱 100m弱
案2 法人AP なし 法人AP 40m 100m
案3 法人AP 法人AP 法人AP 40m 100m
案4 法人AP
外部アンテナ
WiFiルーター
法人AP 法人AP 500m 1km
案5 法人AP
外部アンテナ
WiFiルーター
法人AP
外部アンテナ
WiFiルーター
法人AP
外部アンテナ
WiFiルーター
1km 2km

 

案1)法人APを自宅に1台設置

  • 自宅Xには、屋外にWAPS-300WDPを設置
  • 離れA・離れBには、法人APは設置せず、子機(PC、スマホやプリンタなど)のみを置く。

自宅X 【Modem】—【BHR-4GRV2】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP

離れA  無線子機(PCやスマホ)のみ

離れB  無線子機(PCやスマホ)のみ

考察)
  • WAPS-300WDPは、標準アンテナで約40m電波が届く。
  • 従って電波環境が良ければ、リピーター機能を使用しないで、離れA、離れBの子機まで電波が届く可能性がある。
  • WAPS-300WDPでの代わりにWAPM-1266WDPR(¥69,800)を使用すれば100mくらい届く。案1)での通信実現性がより高くなる。
    • 注意)WAPS-300WDPとWAPM-1266WDPRとは、WDS方式が同じ(独自D方式)なので、リピーター機能(WDS)でつなぐことが可能。
    • 注意)インジェクターにも注意。
  • 有線ルーターBHR-4GRV2(¥7,200)の代わりに、個人向けの無線LANルーター(WSR-2533DHP3など)でもよい。
必要な機器)自宅Xのみでよい。
  • X地点の建物で必要な製品は、3種類 (合計 ¥66,800)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200
  • WAPM-1266WDPRの場合、 X地点の建物で必要な製品は、3種類 (合計 ¥92,800)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPM-1266WDPR
¥69,800 1 ¥69,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/HG
¥15,800 1 ¥15,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200

 

案2)法人APを自宅と離れBに設置

  • 自宅Xに、屋外にWAPS-300WDPを設置
  • 離れAには、法人APは設置せず。子機(PC、スマホやプリンタなど)のみを設置。
    • 離れAには、自宅Xから直接、電波が届くと想定
  • 離れBに、屋外にWAPS-300WDPを設置
  • 自宅Xと離れBとの間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信

自宅X 【Modem】—【BHR-4GRV2】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP

離れA  無線子機(PCやスマホ)のみ

離れB  PC —【ハブ】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】 (有線PCある場合)

考察)
  • WAPS-300WDPは、標準アンテナで約40m電波が届く。
  • WAPM-1266WDPR(¥69,800)は、標準アンテナで100mくらい電波が届く。
  • 有線ルーターBHR-4GRV2(¥7,200)の代わりに、個人向けの無線LANルーター(WSR-2533DHP3など)でもよい。
必要な機器)自宅Xと離れBに設置。
  • X地点の建物で必要な製品は、3種類 (合計 ¥66,800)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200
  • B地点の建物で必要な製品は、3種類 (合計 ¥62,150)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
ハブ
LSW4-GT-5EPL
¥2,550 1 ¥2,550

 

案3)法人APを自宅と離れA、Bに設置

  • 自宅Xに、屋外にWAPS-300WDPを設置
  • 離れAに、屋外にWAPS-300WDPを設置 (有線PCなし)
  • 離れBに、屋外にWAPS-300WDPを設置 (有線PCあり)
  • 自宅Xと離れAとの間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信
  • 自宅Xと離れBとの間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信

自宅X 【Modem】—【BHR-4GRV2】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP

離れA 【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】  (有線PCない場合)

離れB  PC —【ハブ】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】 (有線PCある場合)

考察)
  • 自宅Xと離れAとは、法人APのリピーター機能(WDS)でつなぐ
  • 自宅Xと離れBとは、法人APのリピーター機能(WDS)でつなぐ
  • 離れAの無線子機(PCやスマホなど)は、離れAの法人APと通信する
  • 離れBの無線子機(PCやスマホなど)は、離れBの法人APと通信する
  • 有線ルーターBHR-4GRV2(¥7,200)の代わりに、個人向けの無線LANルーター(WSR-2533DHP3など)でもよい。
必要な機器)自宅Xと離れA、離れBに設置。
  • X地点の建物で必要な製品は、3種類 (合計 ¥66,800)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200
  • A地点の建物で必要な製品は、2種類 (合計 ¥59,600)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
  • B地点の建物で必要な製品は、3種類 (合計 ¥62,150)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
ハブ
LSW4-GT-5EPL
¥2,550 1 ¥2,550

 

案4)自宅に法人AP+外部アンテナを設置。離れA、Bに法人APを設置

  • 自宅Xに、屋外にWAPS-300WDP+外部アンテナ+WiFiルーターを設置
    • WiFiルーターは、自宅X内の無線子機との通信に使用
    • 理由)WAPS-300WDPには外部アンテナをつなぐので、自宅X内の無線子機に電波が届かない可能性があるため。
  • 離れAに、屋外にWAPS-300WDPを設置 (有線PCなし)
  • 離れBに、屋外にWAPS-300WDPを設置 (有線PCあり)
    • (WAPS-300WDPには外部アンテナをつながないので、離れA内、離れB内の無線子機に電波が届く)
  • 自宅Xと離れAとの間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信
  • 自宅Xと離れBとの間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信

自宅X 【Modem】—【BHR-4GRV2(X)】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】—【外部アンテナ】
              |
              |—【WiFiルーター(APモード)】

離れA 【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】  (有線PCない場合)

離れB  PC —【ハブ】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】 (有線PCある場合)

考察)
  • BHR-4GRV2(X)にWiFiルーター(APモード)を接続する代わりに、WiFiルーター(ROUTERモード)を1台使用することも可能。
  • 法人APに外部アンテナを接続する場合には、屋内用の法人APでも使用可能。
    • 理由)屋内の法人AP と 屋外の外部アンテナ とを同軸ケーブルで接続するため。
  • 有線ルーターBHR-4GRV2(¥7,200)の代わりに、個人向けの無線LANルーター(WSR-2533DHP3など)でもよい。
必要な機器)自宅Xに、法人AP+外部アンテナ。離れA、離れBに法人AP設置。
  • X地点の建物で必要な製品 (合計 ¥230,400 + WiFiルーター + 取付金具)
製品 単価 必要数 合計
無指向性 コーリニア型アレーアンテナ
WLE-HG-NDC
¥39,800 2 ¥79,600
同軸ケーブル20m
WLE-CC20
¥42,000 2 ¥84,000
同軸変換コネクタ
WLE-OP-RNC
¥1,400 0 ¥0
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200
WiFiルーター   1  
外部アンテナの取付金具   1  
  • A地点の建物で必要な製品 (合計 ¥59,600)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
  • B地点の建物で必要な製品 (合計 ¥62,150)
製品 単価 必要数 合計
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
ハブ
LSW4-GT-5EPL
¥2,550 1 ¥2,550

 

案5)法人AP+外部アンテナ+WiFiルーターを自宅と離れA、Bに設置

  • 自宅Xに、屋外にWAPS-300WDP+外部アンテナ+WiFiルーターを設置
  • 離れAに、屋外にWAPS-300WDP+外部アンテナ+WiFiルーターを設置 (有線PCなし)
  • 離れBに、屋外にWAPS-300WDP+外部アンテナ+WiFiルーターを設置 (有線PCあり)
    • WiFiルーターは、自宅X内、離れA内、離れB内の無線子機との通信に使用
    • 理由)WAPS-300WDPには外部アンテナをつなぐので、自宅X内、離れA内、離れB内の無線子機に電波が届かない可能性があるため。
  • 自宅Xと離れAとの間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信
  • 自宅Xと離れBとの間を、リピーター機能(WDS,中継)を使用して通信

自宅X 【Modem】—【BHR-4GRV2(X)】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】—【外部アンテナ】
              |
              |—【WiFiルーター(APモード)】

離れA 【WiFiルーター(APモード)】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】—【外部アンテナ】

離れB  PC —【WiFiルーター(APモード)】—【BIJ-POE-1P/G】—【WAPS-300WDP】—【外部アンテナ】

考察)
  • BHR-4GRV2(X)にWiFiルーター(APモード)を接続する代わりに、WiFiルーター(ROUTERモード)を1台使用することも可能。
  • 法人APに外部アンテナを接続する場合には、屋内用の法人APでも使用可能。
    • 理由)屋内の法人AP と 屋外の外部アンテナ とを同軸ケーブルで接続するため。
必要な機器)自宅Xと離れA、離れBに、法人AP+外部アンテナを設置。
  • X地点の建物で必要な製品 (合計 ¥170,400 + WiFiルーター + 取付金具)
製品 単価 必要数 合計
無指向性 コーリニア型アレーアンテナ
WLE-HG-NDC
¥39,800 2 ¥79,600
同軸ケーブル20m
WLE-CC20
¥42,000 2 ¥84,000
同軸変換コネクタ
WLE-OP-RNC
¥1,400 0 ¥0
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
有線ルーター
BHR-4GRV2
¥7,200 1 ¥7,200
WiFiルーター   1  
外部アンテナの取付金具   1  
  • A地点の建物で必要な製品 (合計 ¥108,400 + WiFiルーター + 取付金具)
製品 単価 必要数 合計
広指向性 平面型アンテナ
WLE-HG-DA/AG
¥24,800 1 ¥24,800
同軸ケーブル5m
WLE-CC5
¥12,000 2 ¥24,000
同軸変換コネクタ
WLE-OP-RNC
¥1,400  0 ¥0
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
WiFiルーター   1  
外部アンテナの取付金具   1  
  • B地点の建物で必要な製品 (合計 ¥108,400 + WiFiルーター + 取付金具)
製品 単価 必要数 合計
広指向性 平面型アンテナ
WLE-HG-DA/AG
¥24,800 1 ¥24,800
同軸ケーブル5m
WLE-CC5
¥12,000 2 ¥24,000
同軸変換コネクタ
WLE-OP-RNC
¥1,400 0 ¥0
無線LANアクセスポイント
WAPS-300WDP
¥49,800 1 ¥49,800
インジェクター
BIJ-POE-1P/G
¥9,800 1 ¥9,800
WiFiルーター   1  
外部アンテナの取付金具   1  

 

参考1)離れた建物を無線ネットワークでつなぐ方法

(100m~数km以上)離れた建物(3地点)を無線LANでつなぐ具体例と考え方(バッファロー)

参考2)離れた建物2カ所(1:1)を無線ネットワークでつなぐ方法

離れた建物を無線LANでつなぐ方法の基本例(バッファローの屋外アンテナ、無線LANアクセスポイント)

参考3)10m離れた建物を無線ネットワークでつなぐ方法

10m離れた建物(母屋おもやと離れなど2地点)を無線LANでつなぐ具体例と考え方(バッファロー)

参考4)(数10m~数km以上)離れた建物(2地点)を無線LANでつなぐ具体例

(10m~数km以上)離れた建物(2地点)を無線LANアクセスポイントでつなぐ具体例と考え方(バッファロー)

参考5)リピーター機能、その他

リピーター機能(WDS、中継)の設定方法、つながらない対策(法人向け無線LANアクセスポイントWAPM、WAPS)(バッファロー)

PoE、PoE+とは。PoE動作確認済機器(バッファロー)一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。