BS-GS20シリーズ(バッファローのL2スイッチ)のL3モード時の設定

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファロー製のL2スイッチ(BS-GS20シリーズ)のL3モードとは何かを説明。L2モードとL3モードでの表示の違い、設定項目の違いを説明。

L2スイッチ(BS-GS20シリーズ)のL3モードとは?

  • L3モードとは、レイヤー3スイッチとして動作するモード。
  • BS-GS20 シリーズ仕様表によると、レイヤー3 機能とは
    • L3 ルーティング
    • 静的ルーティング
    • ARP テーブル
    • DHCP リレー

L3モードの詳細

BS-GS20のL2モードとL3モードの表示項目・設定項目の違い

設定済み状況 の 表示

表示項目 / モード L2モード
VLAN設定(ページ17/102)
L3モード
VLAN設定(ページ20/102)
VLANモード VLAN設定 / インターネットマンション VLAN設定のみ
VLANステータス
(設定済みVLANの一覧表示)

(設定済みVLANの一覧表示)
VLANの追加・編集
・VLAN ID
・VLAN名
・管理VLAN

(「VLANステータス」で選択されたVLANの設定済み内容を表示)

(「VLANステータス」で選択されたVLANの設定済み内容を表示)
(IPアドレスを割り当てたVLANはすべて管理VLANとなる)
IPv4アドレス設定
・IPv4アドレス
・サブネットマスク
X
作成するVLANに固定IPアドレスを割り当てる場合に入力
ポートの割り当て一覧
・Tagged
・Untagged
・Not Member

(インターネットマンションモードでは、Uplink,Downlink表示)

設定する項目(VLANを新規追加 または VLANを選択して編集)

設定項目 / モード L2モード L3モード
VLANの追加・編集
・VLAN ID
・VLAN名
・管理VLAN

(IPアドレスを割り当てたVLANはすべて管理VLANとなる)
接続方式
スイッチのIPアドレス設定方法:
「固定IPアドレス / DHCPサーバーから自動取得」
X
IPv4アドレス設定
・IPv4アドレス
・サブネットマスク
・デフォルトゲートウェイ
◎スイッチの設定
(固定IPアドレス時に入力)

(デフォルトゲートウェイなし)
DNSサーバー
・取得方式:DNSサーバーのIPアドレスの取得方法(手動設定など)選択
・プライマリーDNSサーバー
・セカンダリーDNSサーバー
◎スイッチの設定
(固定IPアドレス時に入力)

(デフォルトゲートウェイなし)
IPv6アドレス設定 ◎「有効/無効」 ◎「有効/無効」

参考)

  • L2モードでは、各VLANにIPアドレスを設定しない。スイッチにIPアドレスを設定する。
  • L3モードでは、各VLANにIPアドレスを設定する。

設定事例)L3モードを使用した、具体的な設定例

 

参考)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です