PS4、PS3、PSPで「ルーターはIPフラグメントパケットに対応していない」表示の対策(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

PS4でインターネット接続診断 または PS3、PSPで接続テスト を行うと、「ルーターはIPフラグメントパケットに対応していない可能性があります。一部ゲームの通信機能が制限されます。」と表示される場合の対処方法を説明。メッセージを出しているソフトウェアのメーカーに問い合わせるのが一番。

「ルーターはIPフラグメントパケットに対応していない」の対策

  • 「ルーターのメーカーに問い合わせてください」というメッセージは信用しない方が良い。
    •  そのメッセージを出しているソフトウェアのメーカーに
      • 「ルーターのメーカーに対して、何をどう問い合わせるのか、どこをどう変更して、と言うのか」を明確にしてもらいましょう。
        • その明確な答えを持って、ルーターのメーカーに問い合わせましょう。
        • 理由)もしかすると、そのメッセージを出しているソフトウェアにバグ(不具合)があって、適切でない誤ったメッセージを表示している可能性もありますから。
  • ルーター側の設定変更などで対策ができるというのであれば、
    • メッセージを出しているゲーム機メーカーやソフトウェアメーカーに対して、以下の1)2)を具体的に聞きましょう。
      • 1)このメッセージの意味は何か? このメッセージが出る原因は何なのか?
      • 2)ルーターの、どの部分の設定を、どのように変更するのか?
  • 少なくとも、バッファローのルーターの設定画面には、「フラグメントパケット」に関する設定は存在しないです。
    • (ちなみに、MTUの設定などを安易に変更すると、ルーターの機能自体に影響が出て、えらい目にあう可能性があります)

参考)フラグメントとは

ここで重要なのは、フラグメント化された各IPパケットは「独立して」ルーティングされるというところにある。
一度IPパケットがフラグメント化されると、分割された各パケットは通常の個別のIPパケットと同様に扱われ、
お互いに何の関連性もなく、ルーティングの対象となる。そのためネットワークの性質上、各パケットの到着時間や
到着順序はまったくばらばらになり、ほかのIPパケットと混ざって順不同で到着するかもしれないし、
場合によってはどこかで一部のパケットが消失してしまうかもしれない。
だがこれもネットワークの特性上起こりうることであり、IPプロトコルではこのような事態が起こっても
問題ないように設計されている
(といっても、実際には一部が欠落した場合は、元のIPパケット全体を破棄するだけであるが)。

考察)この問題の本質は何だろうか? 以下は、試論(私論)

  • PS4では、フラグメント化された(途中で分割された)複数のパケットを、正常に受信できないのではないか?
    • 事実)フラグメント化されたパケット(フラグメントパケット)は複数あり、それぞれは独立したパケットなので、順序が入れ替わったりする
    • 事実)ルーターは、複数のフラグメントパケットを、1つのパケットにまとめることはできない
    • 推測)PS4(またはサーバー側)は、フラグメント化される可能性の高い(バイト数の多い)パケットを使用する
    • 推測)PS4(またはサーバー側)は、複数のフラグメントパケットを、1つのパケットにまとめることができない
    • 推測)PS4(またはサーバー側)は、順序が入れ替わって到着したフラグメントパケットを元通りに解釈できない
  • つまり、PS4(またはサーバー側)は、自分たちが送出する(バイト数の多い)パケットを、自分たちで処理できない仕様になっていると推測する。
  • とすると、原因の本質は、PS4(またはサーバー側)の設計ミスなんじゃ、ないのか。通信経路上でのMTUを考慮しないで、設計しちゃったんではないか(どうなんだろう、わからない)

参考)古いルーターでの対策 ← あまりに古すぎて、役に立たないです。

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。