WSR-1166DHP3 ファームウェア古い場合、一部のPPPoE回線事業者でつながらない事がある

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

古いWSR-1166DHP3(Ver.1.10以前)は、一部のPPPoE回線事業者の場合につながらないことあり

WSR-1166DHP3は、古いファームウェアでは、インターネットにつながらないことがあるので注意が必要。ファームウェアが新しくて、Ver1.11以降であれば、大丈夫です。

  • 既に購入してインターネットにつながらない・切れる場合には、サポート(電話など)へ連絡。
  • 一部のPPPoE事業者の場合につながらないので注意が必要。
  • CATVでは大丈夫。

つながらない理由

  • ファームウェアに不具合があるため。ファームウェアを更新(Ver1.11以降)すれば正常動作します。
    • WSR-1166DHP3のファームウェア変更履歴
      ●Ver.1.11 [2017.7.18]
      ・ひかりTV対応チューナーを有線で接続した場合に、ひかりTVが視聴できないことがある問題を修正しました。
      ・一部のPPPoE回線で使用中に、インターネットに接続できなくなることがある問題を修正しました。
  • インターネットにつながらない場合にファームウェアを更新するのは、大変な作業(広帯域接続)。

ファームウェアのバージョンを確認する方法、更新する方法

改修済みの不具合があるので、ファームウェアを最新にしてください

【変更履歴】
Ver.1.13 [2018.5.17]
・「無線LANからの設定を禁止する」設定を行った場合、有線LANからの設定が禁止されることがある問題を
  修正しました。
・UPnP機能によるポートマッピングの不具合を修正しました。
・DNSの名前解決が正しく動作しないことがある問題を修正しました。
・インターネットをPPPoE接続で使用している場合、IPフィルターで「通過」を設定すると、
  通信が遅くなることがある問題を修正しました。
・インターネットをPPPoE接続で使用している場合、「Internet側リモートアクセス設定を許可する」に設定しても、
  リモートアクセスできないことがある問題を修正しました。
・PPPoEの経路設定で、宛先アドレスにネットワークアドレスを設定できない問題を修正しました。
・本製品を中継機として使用している場合、本製品に接続している機器が通信できなくなることがある問題を
  修正しました。
・中継機能の手動設定で、認証方式の設定が正しく反映されないことがある問題を修正しました。
・ポート変換機能で、設定を登録できないことがある問題を修正しました。
・スケジュール機能の動作モード切り替え時に、機器との接続が切れることがある問題を修正しました。
・SSIDの隔離機能を有効にしている場合、そのSSIDに接続している端末から設定画面を表示できないようにしました。
・DHCPリース情報を正しく追加できないことがある問題を修正しました。
・リモートアクセスで設定画面のログインに失敗した場合、ログインできない旨のメッセージが
  表示されないことがある問題を修正しました。
・デバイスコントロールの表示に関する不具合を修正しました。
・不要なログが出力される問題を修正しました。
・設定画面を表示できないことがある問題を修正しました。
・設定画面の誤記を修正しました。
・設定画面の表示に関する問題を修正しました。

新規に購入ならWSR-2533DHPL か WHR-1166DHP4 をお奨め(バッファロー製で選ぶなら)

WSR-1166DHP3と同じ間取り(2階建てや3LDK向け)であれば、WHR-1166DHP4 がお薦めですが、残念ながら販売終了になってます(2019/3月現在)

WSR-2533DHPL



WSR-1166DHP3

WHR-1166DHP4

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。