ゲストポートのSSIDの中継はやらないほうが良い(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ゲストポートを有効にした親機(バッファロー)があって、ゲストポートのSSIDを中継するとセキュリティーが確保されない。

ゲストポートを有効にした親機があって、中継する場合の注意点

  • 親機のオリジナルのSSIDを中継することには問題ない。
    • ゲストポートに接続した人どうしは、お互いに見えず、セキュリティが確保される。
  • しかし、親機のゲストポートのSSIDを中継してはいけない
    • 中継機を手動設定すると、中継設定できてしまうが、やってはいけない
    • 理由)中継機に接続した人どうしが、見えてしまうため。

既に中継機を設置している場合の注意点

  • 既にWi-Fi中継機を設置している場合に、親機のゲストポートを有効にしても、親機のゲスト用SSIDは中継機には中継されない
    • 従って、ゲストユーザーは親機にのみ接続可能
  • また、中継機として動作させているWi-Fiルーターは、ゲストポート機能を利用することができない
    • ただし、WHR-1166DHP2、WHR-1166DHP3は、中継機として動作させている場合もゲストポート機能を利用可能

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。