ゲストポート(ルーターがブリッジモードの場合)につながらない場合の対策(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファロー無線ルーターのエアステーション(AS)がブリッジモード(アクセスポイントモード、APモード)の場合に、ゲストポートにつながらない場合の2つの対策方法を説明。

ASがブリッジ(AP、アクセスポイント)モードの場合、ゲストポートが動作しない時の対策は、2つの方法がある。

まず、接続端子を確認

  • 上位のルーターとの接続に注意
    • 上位のルーターからのLANケーブルが、ASのInternet端子に接続されていることを確認すること。
      • (理由:上位のルーターからのLANケーブルが(LAN1~LAN4)のいずれかに接続されていると、ゲストポートは動作しない)

方法1(ASをブリッジモードのままにする)

  •  ASの「詳細設定」の[LAN]-[LAN](ページ64/218)
    • LAN側IPアドレス(上位ルーターと同じセグメントにする)を設定
      • IPアドレス(上位ルーターと同じセグメントで、他の機器と重複しないIPアドレスにする)
        • 例)上位ルーターが192.168.1.1の場合なら、192.168.1.135
      • サブネットマスク を設定(上位ルーターと同じ)
      • (上位ルーターに、DHCPサーバー機能がない場合には必須)
    • 「拡張設定」: 「表示する」チェックonして
      • 「デフォルトゲートウェイの通知」
      • 「DNSサーバーの通知」に、上位ルーターでの設定と同じ内容を入力する

方法2(ASをルーターモードにする)Wルーター

  • ASの物理スイッチをルーターモード(AUTOでなくて固定)に変更して、Wルーター(ダブルルーター)とする。 
    • 理由)ASの「詳細設定」の[Internet]-[Internet]は、ルーターモードでのみ表示されるため。
    •  Internet側は、ASの「詳細設定」の[Internet]-[Internet](ページ55/218)の「IPアドレス取得方法」で、以下のどちらかの設定を行う
      • 「DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得」チェックon
        • 他の設定(「拡張設定」など)は、特に必要ない
      • または「手動設定」チェックon
        • IPアドレスを設定 (上位ルーターと同じセグメントで、他の機器と重複しないIPアドレス)
          • 例)上位ルーターが192.168.1.1の場合なら、192.168.1.135
        • サブネットマスク を設定(上位ルーターと同じ)
        • 「拡張設定」に
          • デフォルトゲートウェイ 設定 (上位ルーターのIPアドレスを設定)
          • DNSサーバーアドレス 設定 (上位のルーターでの設定と同じ内容を入力する)
    • LAN側は、上位ルーターと同じセグメントにすることはできない(ルーターモードの仕様)。
      (注意)LAN側は、Internet側とは異なるセグメントにする必要あり(DHCPサーバー機能の設定など)。
  • 参考1)ASにプリンタが無線接続してあって、上位ルーター直下のPCから印刷する場合には、方法2では実現できない(PCから印刷できなくなる)。方法1で実現すること。
  • 参考2)Wルーターにした場合、ゲストポートからインターネットに接続できるようにはなるが、通常のSSID接続とゲストポート接続とがお互いに見えてしまうので、注意。

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。