外出先からWEBアクセスする設定(自宅のLinkStation/TeraStationにBuffaloNAS.comサーバーを介してアクセス)(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローのルーターを設置した自宅のNAS(LinkStationやTeraStation、LANケーブルで接続するHDD)に、外出先からWEBアクセスする方法。外出先から、自宅のLinkStation/TeraStationにBuffaloNAS.comサーバーを介してアクセスする設定方法を具体的に説明。

自宅のLinkStationやTeraStationに外出先からアクセスする方法。WEBアクセスの設定方法。

基本的な考え方

  • LinkStation/TeraStationの設定画面から、情報をBufffaloNAS.comサーバーに登録する
  • BuffaloNAS.comサーバーに登録される情報は、ルーターのグローバルIPアドレス、NASのポート番号
  • 端末からBuffaloNAS.comサーバーにアクセスするために、ネームとキーを使用する
  • LinkStation/TeraStationの使用者は、BuffaloNAS.comサーバーを、無料で期間制限なく、使用可能(2021年3月現在)

WEBアクセスの設定手順(概要)

手順の概要は、以下のリンクを参照
(ただし、以下で説明する手順とは少し異なります)
(リンク先は「複数の」だが、1台のLinkStation/TeraStationの場合でも同じ手順です)

WEBアクセスの設定手順(詳細)

手順0)設定する情報を、大まかに検討しておく

あらかじめ設定する情報を、以下の例のように決めておくのが良いです。
ただし、よく分からなければ、以下の手順を具体的に進めながら、決めていけばいいです。

設定する機械 設定項目 内容 備考
LinkStation/
TeraStation
IPアドレス 192.168.11.91 ルーターと
同じセグメントの
IPアドレス
サブネットマスク 255.255.255.0  
デフォルトゲートウェイ 192.168.11.1 ルーターの
IPアドレス
DNSサーバー
アドレス
優先:192.168.11.1 ルーターの
IPアドレス
代替:8.8.8.8 GoogleDNSサーバーのIPアドレス(空欄でも可)
ユーザー名 ・・・ Windowsのネットワークログイン時のユーザー名、パスワー ド
(手順5)
パスワード ・・・
BuffaloNAS.com ネーム namekuritaroh 任意の文字列
キー keykuritaroh 任意の文字列
TP-Linkルーター ポート番号 9001 任意だが、9001を推奨

 

手順1)各LinkStation/TeraStationのIPアドレスを固定する

IPアドレス固定の方法には、2つの方法がある。方法1)がおすすめ。

  • 方法1)LinkStation/TeraStationのプロパティで、IPアドレスを固定する方法
    • ルーターのDHCPサーバー機能を利用しない方法
    •  注意)バッファロールーターのDHCPサーバーの割り当てIPアドレスとは、重ならないIPアドレスを指定する
      • 例)DHCPサーバーの割り当てIPアドレス範囲が 192.168.11.100 ~ 192.168.11.199 であれば、
        例えば同じセグメントでDHCP割り当て範囲外の192.168.11.91
    • NAS Navigator2を起動して、LinkStation/TeraStationのアイコンを右クリックし、[プロパティ(P)]をクリックする

NAS(LinkStation)のプロパティの設定

    • 「IPアドレス」タブをクリックして、
      • 「IPアドレスを自動的に取得する」チェックOFFして、
      • 固定するIPアドレス(例では192.168.11.91)、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを入力して「OK」

NAS(LinkStation)のIPアドレス固定バッファロー

 

    • IPアドレスが変更されて管理者のログイン画面になるので、管理者パスワードを入力して、IPアドレス固定設定は完了。

動作確認)同じルーターに接続したPCから、LinkStation/TeraStation にアクセスできることを確認して、完了

 

手順2)バッファローのルーターにポート変換(ポート開放・アドレス変換)の設定を行う

  • ルーターのポート変換の設定方法は、以下を参照。 

 

手順3)各LinkStation/TeraStationのWebアクセス機能を有効にし、BuffaloNAS.comネーム・キーを登録する

  • NAS Navigator2を起動して、LinkStation/TeraStationのアイコンを右クリックし、[WEB設定画面を開く]クリック
  • [詳細設定][ファイル共有][Webアクセス]の横にあるアイコンをクリックして

NAS(LinkStation)のファイル共有 編集

  • 「Webアクセス情報」画面で、[編集]クリック

NAS(LinkStation)のWebアクセス情報の編集

  • 「Webアクセス設定」画面で、BuffaloNAS.com 関連の情報を設定する
    • 「BuffaloNAS.com登録機能」を「有効にする」チェックON
      • 「BuffaloNAS.comネーム」「BuffaloNAS.comキー」を入力(ユニークなものにする。誰かと同じだとエラーで登録できない)
    • 「ルータ自動設定機能(UPnP)」を「無効にする」チェックONして、「ルーター外部ポート番号」を9001
    • 「NAS内部ポート番号」を9001
    • 「セッション排他」は、「有効にする/無効にする」選択

NAS(LinkStation)のWebアクセス設定

  • [OK]クリックすると、「Webアクセスを有効にしてください。」と表示されるので、[OK]クリック

NAS(LinkStation)のWebアクセス無効ダイアログ

    • 参考)もし、DNSサーバーが設定されていないと警告がでたら、優先DNSサーバーアドレスを設定する
      • [ネットワーク][IPアドレス]の横にあるアイコンをクリックして
      • [LANポート1]をクリックすると、DNSサーバーアドレスを設定できる

NAS(LinkStation)のDNSサーバーアドレス設定バッファロー

 

  • [詳細設定][ファイル共有][Webアクセス]の横のOFFをONにする

NAS(LinkStation)のファイル共有WEBアクセスON

  • [ファイル共有][共有フォルダー]で、
    • 公開したい共有フォルダーを作成して、設定
      • [共有フォルダーの作成]クリックして「共有フォルダー設定」画面を入力
        • 「共有フォルダー名」を入力 (例では、WebAccess )
        • 「属性」は、読取専用/書込可能 を選択
        • 「公開プロトコル」の「Webアクセス」チェックON
        • 「Webアクセス公開モード」は、暫定的に「アクセス制限なし」(★セキュリティー強化のため、設定してください)

NAS(LinkStation)の公開用共有フォルダーの設定

 

手順4)外出先でBuffaloNAS.comにアクセスし、自宅のLinkStation/TeraStationにアクセスする

  •  PCからアクセスする場合には、
    • http://buffalonas.com/ へアクセスして、
    • アクセスしたいLinkStation/TeraStationのBuffaloNAS.comネームを入力し、[接続]をクリック

BuffaloNAS.com WebAccess

 

 

手順5)各LinkStation/TeraStationにWebアクセスで使用するユーザーを登録する

  • 手順4)までだと、セキュリティ的に弱い。
    • 理由は、グルーバルIPアドレスを知っていれば(試すことが可能)、ポート番号を総当たりすれば、アクセスされてしまうため
    • なお、公開専用の共有フォルダーで「読取専用」設定なら、アクセスされてもさほどの問題はないかもしれない。

 

参考)NAS(LinkStation/TeraStation) 関連

参考)BuffaloNAS.com 関連

参考)自宅のルーターがTP-Linkの場合

参考)

参考)簡易NASの場合(LinkStation/TeraStationではない場合)

参考)WEBアクセスする機器の種類によって、サポート窓口が違う

  • WEBアクセス機能を使う」を参照。WEBアクセスされる機器の種類によって、サポート窓口が違う。
    • LinkStation/TeraStationの場合には、
      • HDD(LinkStation/TeraStation)側窓口でサポートする。
    • 簡易NAS(無線LAN親機(Wi-Fiルーター)に接続したUSBハードディスクやUSBメモリ)の場合には、
      • 無線ルーター窓口でサポートする
    • その他の場合には、
      • 無線ルーター窓口でサポートする。
        • 無線LAN親機(WiFiルーター)と LinkStation/TeraStation以外のHDDの場合には、DDNSとポート開放でHDDにアクセスできるようにする。
        • 但し、セキュリティの確保ができないので、この設定は推奨できない。ユーザー名とパスワードを設定しないので、ポート番号がわかれば誰でもアクセス可能になってしまうため。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。