ルーターの隔離機能とプライバシーセパレーターとは何か、使用例。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファロールーターの「隔離機能」と「プライバシーセパレーター」とは、一見すると似ている機能だが、利用する場面が全く違う。

「隔離機能」は、そのSSIDに接続している無線機器はInternet側とだけ通信可能になる

  • SSIDごとに設定可能
    • そのSSIDに接続している無線端末はインターネット側とだけ通信できる
  • 設定を有効にすると
    • 同じSSIDに接続した無線端末とは、通信できない
    • 違うSSIDに接続した無線端末とも、通信できない
    • 有線に接続した端末とも、通信できない
  • 想定する利用場面
    • WEPネットワークに(暗号化レベルが低く、セキュリティが弱い)外部から進入された場合、他の端末に被害を拡大しないために設定
    • ゲストポートは、この「隔離機能」を利用して実装している
  • 参考(ゲーム機の場合)

「プライバシーセパレーター」は、接続している無線機器は、同じ周波数帯の無線機器とだけ通信できなくなる。

  • 無線の周波数帯(2.4 GHzまたは5 GHz)ごとに設定可能 (SSIDごとではない)
    • 無線端末は、インターネット側と通信できる
  • 設定を有効にすると
    • 同じ周波数帯に接続した無線端末とは、通信できない
    • 違う周波数帯に接続した無線端末とは、通信できる
    • 有線に接続した端末とは、通信できる
  •  想定する利用場面
    • 有線端末とだけファイル共有する場合に設定(同じ周波数帯の無線端末との通信をできなくする)
    • よくある副作用トラブルの例としては、「プライバシーセパレーター」を有効にすると、PC(無線)からプリンタ(無線)への印刷ができなくなる現象。
  • 参考(WXR-1900DHP3の説明例)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です