WTR-M2133HP(トライバンド親機)の設定方法、つながらない対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

WTR-M2133HP(トライバンド親機。子機を最大20台 接続可能)の設定方法やAirStation connect、設定時の注意点などを説明。

推奨利用環境(接続台数と広さの目安)

  • 親機WTR-M2133HPに接続する端末の最大接続台数 : 15台~20台。
    • 参考)親機WRM-D2133HP(デュアルバンド親機)の端末の最大接続台数 : 10台~15台
  • 親機となるWTR-M2133HPが1台に対し、中継機 WEM-1266 は最大9台まで接続可能。
  • 使用できる範囲は、親機単体ではそれほど広くない。
    • WTR-M2133HPは、2LDKまで
    • WTR-M2133HP+中継機WEM-1266(1台)は、3LDKまで。
    • WTR-M2133HP+中継機WEM-1266(2台)は、4LDKまで。

WTR-M2133HP(トライバンド親機)の設定と注意

WTR-M2133HPの設定方法

WTR-M2133HPの設定時の表示に注意

その他

スマホ、PCやプリンタを、常に2.4GHz(11g)で接続したい場合の対策

各帯域(2.4GHz、5GHz)ごとに、チャンネルを変更・設定する方法

AOSS、RESETボタン

  • AOSSボタンを、POWERランプが2回ずつ青色点滅するまで(約2秒間)長押しする
  • RESETボタンを約3秒間長押しして、設定を初期化。設定の初期化には、5分程度かかる。

壁掛けにできるか?

  • 壁掛け用の金具などは、オプションとしても用意されていない。

USB端子はUSB2.0(出荷時)

  • USB端子をUSB3.0仕様に変更するには、設定画面から設定が必要。
    • 理由)USB3.0は高周波ノイズの影響で電波干渉し、2.4GHz帯につながりにくくなることがあるため

USB端子に接続できるHDDは、何があるか?

VPNサーバー機能

WEM-1266(AirStation connect専用中継機)の設定方法・注意点

  • 親機となるWTR-M2133HPが1台に対し、WEM-1266は最大9台まで接続可能
  • 親機WTR-M2133HPのSSIDと暗号キーとを変更しても、中継機WEM-1266の再設定は不要
  • ゲストポートは親機からのみ接続可能。ゲストポートは、中継機WEM-1266には引き継がれず接続もできない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。