WTR-M2133HSとWTR-M2133HPとの違い。設定方法、つながらない対策。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

WTR-M2133HS(2019年12月発売)は、WTR-M2133HP(2017年12月発売)の後継モデル。WTR-M2133HSは、WTR-M2133HPに「ネット脅威ブロッカー」を追加しただけの製品と思われる。

WTR-M2133HSとWTR-M2133HPの仕様比較表

  • スピードも形状も同じ。
  • 違いは、カスペルスキーの「ネット脅威ブロッカープレミアム」の有無だけ。

 製品

仕様  \

WTR-M2133HS WTR-M2133HP
発売時期 2019年12月 2017年12月(販売終了)
定価 25,522円(価格.com) 27,700円
制限事項 ※本製品は屋内使用に限ります。
※中継機能は今後のバージョンアップで対応予定です。
※本製品は屋内使用に限ります。
※中継機能は今後のバージョンアップで対応予定です。
※ペアレンタルコントロールなどの一部機能は、ルーター動作時のみに使用可能です。詳細は取扱説明書でご確認ください。(キッズタイマー、デバイスコントロールはブリッジ動作時に対応。)
消費電力 18.2W(最大)
質量(重量の間違い?) 約970g(製品本体のみ)
外形寸法(幅×高さ×奥行) W231×H231×D70mm(アンテナおよび突起部除く)
※本体のみ(突起部除く)
ネット脅威ブロッカー 種類:プレミアム

機能:
・情報漏洩ブロック *1
・危険UPnPブロック *1 *2
・悪質サイトブロック *1
・キッズタイマー
・コンテンツフィルターPlus *1 *3
・プッシュ通知/リモートアクセス *1
・利用時間統計 *1
・ルーターブリッジ両対応

*1 スマートフォンアプリが必要
*2 ルーターモードのみ対応
*3 IPv4のみサポート

記述なし
無線LANセキュリティー WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(TKIP/AES mixed)、WEP(128/64bit)、Any接続拒否、プライバシーセパレーター、
MACアクセス制限(最大登録許可台数:64台)
有線LANセキュリティー ステートフルパケットインスペクション(SPI)
パケットフィルタリング、VPNマルチパススルー(PPTP)
対応OSなどの対応情報 バッファロー製 USB製品、対応OS・ツール  

スマートフォン・タブレット、ゲーム機、iRobot Wi-Fi対応ルンバ、シャープ Wi-Fi対応家電、三菱電機 霧ヶ峰Remote、バッファロー製 USB用製品、対応OS・ツール、スマートスピーカー、対応タブレット、対応ブラウザー、日立ルームエアコン無線LAN接続アダプター(SP-WL2)

3Fでの速度比較 215Mbps
(1FにWTR-M2133HP、2Fと3FにWEM-1266)

WTR-M2122HS、WTR-M2122HPの設定方法 は以下

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。