ひかりTV(光TV)が途切れる、スピードが遅い場合の対策方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ひかりTV(光TV)が途切れる、ひかりTVのスピードが遅い場合の対策方法。有線接続と無線接続とで対策が違う。

ひかりTVが全く見えない場合の対策も説明。その場合は、この記事の最後の 参考)を参照してください。

有線で接続の場合の対策

対策)ハブを使用していれば、ハブの性能をチェックする

ひかりTVは、IPv6マルチキャストを使用して映像データを転送している。個人向けの性能の低いスイッチングハブだと、IPv6マルチキャストが全部ブロードキャスト通信になってしまう。そのため、データの衝突が多くなり、転送効率が落ちる。

対策は、高性能のスイッチに変更すること。MLDスヌーピング、QoS、バッファ容量などにより高速になります。

例えば、スマートスイッチBS-GS2008BS-GSL20シリーズ などに変えればバッチリです。

対策)LANケーブルのカテゴリーをチェックする

LANケーブルのカテゴリーは、5e 以上のもの(6 とか 6A とか 6e)にしよう。スピードに影響する。

無線で接続の場合は、以下の2つの対策(リンク先の例は、WXR-1900DHP3)

まず、設定画面を表示して、対策1)、対策2)を試す

対策1)Multicast Rateを変更する(11Mbpsに)

ひかりTVは、IPv6マルチキャストを使用して映像データを転送しています。従って、IPv6マルチキャストの割り当ての帯域を増やしてみる(増やしすぎると、無線通信に悪影響が出るので、11Mbpsや12Mbps あたりにする)。

対策2)マルチキャストSnooping機能を無効(OFF)にする

  • マルチキャストSnooping機能を無効(OFF)にすると改善するかもしれない(望みは薄いが)

中継機(WEX-1166DHP2、WEX-1166DHS、WEX-1166DHP)にひかりTVチューナーを接続の場合

「ひかりTV for docomo」の場合

参考)ひかりTVが全く見えない場合の対策は以下。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。