WEM-1266(AirStation connect専用中継機)の設定方法、つながらない対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

WEM-1266(AirStation connect専用中継機)の設定方法や注意点、つながらない時の対策方法などを説明。

中継機WEM-1266の特徴(従来の中継機との違い)

  • WEM-1266(中継機)のメッシュネットワークの考え方
    • 複数の中継機の接続形態はメッシュ型
      • 直列接続も並列接続もできる(誤解される可能性あるが、敢えてこう表現する)
      • 親機となるWTR-M2133HPが1台に対し、WEM-1266は最大9台まで接続可能
      • 親機となるWRM-D2133HPが1台に対し、WEM-1266は最大9台まで接続可能
    • 中継機のSSIDは、親機と同じSSIDで、1つのみ。
      • SSID、暗号化キー、無線チャンネルは、3つとも親機と全く同じになる
        • 中継機ごとに変更・設定はできない(SSID、暗号化キー、無線チャンネル)。
        • Extenderはない。
      • 親機のSSIDと暗号キーとを変更しても、中継機WEM-1266の再設定は不要(自動で再設定される)
    • ゲストポートは親機からのみ接続可能。
      • ゲストポートは、中継機WEM-1266には引き継がれず接続もできない。
    • AirStation connect(WTR-M2133HP、WRM-D2133HP)専用の中継機。
      他の無線LAN親機(WXRシリーズ、WSRシリーズ、WHRシリーズ、WCRシリーズ、WMRシリーズなど)の中継機としては使えない!
    • 参考記事)日経XTECH「無線LANの新潮流、メッシュネットワークの威力」
  • 参考)従来の中継機の接続の考え方
    • 複数の中継機の接続形態は2つ
      • 直列接続 : 親機-子(中継機1)-孫(中継機2)
      • 並列接続 : 親機-子1(中継機1)、子2(中継機2)
      • 最大2台まで(機種による。WDSとは別の考え方)
    • 中継機ごとにSSIDを設定可能(通常は、親機と同じSSIDに設定する)
      •  中継機のSSID、暗号化キー、無線チャンネルは、中継機ごとに変更・設定できる
        • Extenderがあるものがある

中継機WEM-1266の設定での注意

中継機WEM-1266の設定手順の詳細(スマホ画面で説明)

参考)その他

  • 中継機WEM-128は、中継機設定すると親機からIPアドレスをもらう(DHCP自動取得がデフォルト)。
    • 従って、中継機に対して、PCからpingを飛ばせる。arp -a も可能(トラブル解析には有効かもしれない)。
  • 中継機の設定開始時には、必ず電源を切ることが必要(これ、よく忘れる!)
  • 中継機を設定中は、すべての機器(親機も、設定する中継機も、設定済みの中継機も)が、青色点滅する。(台数が多いと、なかなか壮観である)
  • 親機説明書(ユーザーマニュアル、セットアップガイド)のダウンロード
  • 中継機説明書(ユーザーマニュアル、セットアップガイド)のダウンロード
  • 旧中継機(WEX-1166DHP、WXR-1900DHP2など)との共存は可能。
    • 旧中継機の設定は、従来通りの設定方法

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。